えっと、昨日、実家で作業中にある方から電話がありました。
この方は、私がロードスターに乗り始めた頃に出会い、それからずっとロードスターとは、人生とは、女性とは(笑)、等色々な事を教えてくれた師匠であり先輩であり兄貴のような存在の方でした。
ある時、第三者を介したちょっとした揉め事があり、その日を境に連絡が無くなりました。
当時はその方はプライベートでも色々と悩みを抱えていた頃で、精神的にかなり追い詰められていたようです。
彼の心情や立場も十分分かっていましたが、それでも正直に言いますと私はその揉め事の件で彼に腹を立てていました。
そして、別件に乗じて彼にその怒りをぶつけてしまいました。
その返事はかなりクールなものでした。
その後私も頭に血が上ったまま彼に物言いをした事を反省しましたが、こちらから連絡がしづらくなり、再び音信普通の状態が続きました。
で、昨日久しぶりにその方から電話があったのです。
聞くと、しばらくの間全てをシャットアウトして一人になっていたとの事。
やっと動き出そうと言う気になったようで、連絡をくれたとの事でした。
彼曰く「迷惑を掛けた。」って事で次にまたロードスターに乗るときのために取っておいたパーツを譲ってくれました。
(今まで乗っていたロードスターは既に手放しており、今後もスポーツ走行をしない事を決心されたようです。)
学生時代のまだ未熟な私と、当時はノーマル然としていた我がNA6、今のような姿になったのは彼の影響が大きいです。
私の実家のすぐそばにある今の家から少し離れた実家に戻られるそうで、生息地域が離れてしまうのはとても残念ですが、今後とも連絡を取り続けていきたいと思います。