今日は、実家で久々に塗装作業をしました。
以前から悩みの種だったAピラーの塗装を決行しました。


車体が白でしたが、黒ハードトップを手に入れた事でAピラーも黒い方が良いだろうとあっさりとカッティングシートで黒にしてみたものの、貼るのが難しくしわが寄り放題!しかし剥がそうとすると塗装までペリペリと剥がれてしまい後戻りの出来ない状態になってしまいました。一度(実は先々週の話ですが)貼りなおしてみましたが状況は全く変わらず、もうどうしようもない状態だったんですが、前の職場でお世話になったK山氏から塗装の話を聞いてるうちに、Aピラーくらいの面積であれ結構簡単に塗れちゃうんでは?と思ったのが今回の決行のきっかけです。
K山氏はこのブログでも何回か登場しているNSXのオーナーさんで、EKシビックも同時所有(厳密には奥さんの車なのかな)しています。
K山氏は自分で車をいじる方で、塗装も自分でやっちゃいます。NSXは自らボンネットを塗装したようですし、シビックは奥さんと一緒にオールペンをしたようです。で、そのオールペンの話を聞いていて、自分も...という気持ちになったんです。
今日は、K山夫妻がわざわざ僕の実家まで来てくれてアドバイスをしてくれました。
おかげで、思っていた以上に綺麗に塗る事が出来ました。ついでにまだらだかブチだかわかりませんが、自家塗装したにもかかわらず部分的に剥がれてとっても醜い状態になっていたリトラカバーも塗りなおしました。こちらも簡単に塗る事が出来ました。以前に塗った時はなんであんなに難しく感じたんだろう?
今回の件で、何年かぶりに自家塗装にはまりそうです。今後は小物を中心にチョコチョコと塗っていこうかなと思います。
すぐに思い浮かぶ物では、ボンピンとGTウィングですね。ボンネットももしかしたら行っちゃうかも。
K山夫妻、本日はどうもありがとうございました。
おかげさまで悩みの一つが解決しましたし、楽しみが一つ増えました。
そのうち、ラーメン食べに行きましょう♪
3/13 追記
20060312_01.jpg
塗装前のカッティングシート仕様。
これでも一度貼り替えた後です。やはり時間に迫られた作業は良い結果をもたらしません。
20060312_02.jpg
塗装後のAピラー。
明るいところで撮りたかったので掲載が遅れちゃいました。
20060312_03.jpg
ついでに塗ってみたリトラカバー。
まぁ、元に戻ったって事ですね。
20060312_04.jpg
ついでに付けてみたマスターシリンダストッパー。
普通はシリンダに向かってボルトをまっすぐにするんでしょうが、プレートが短かったんです...。