仕事が色々立て込んできた。
会社出たの21時過ぎ。
で、前に散歩した日に入ろうとしたけど営業時間を終えていて入れなかった食堂へ。
その店は、店の入り口のガラス戸にメニューが貼ってあるんですが、そこでひとつ気になったメニューが。
「どてめし」。
どて煮がごはんに掛かってるらしい。
それに味噌汁と漬物がついて550円。
こりゃ安い!
店のカウンターに座り、注文をして調理場の様子を伺う。
正直、調理場はカオスだ。この店に女性を連れて行くことは少なくとも僕には出来ない。
調理場ではおかみさんが味噌汁をあたため始めた。
正直、量は期待してなかった。だって550円だし。
でも、丼に盛られたごはんが山盛りなのを見たとき、(もはや行きつけの)中華料理屋といい名古屋は何かが間違っていると思った。あ、もちろんいい意味で。
おかみさんがごはん山盛りの丼を持ってカウンターの外に出てくる。
何かと思ったらどての煮込まれた鍋はカウンターの外にあり、出てこないと盛れないらしい。店内の動線がなんだかおかしい。
どてを盛るとまたカウンターに戻る。
小さなお盆にどてめし、味噌汁、漬物を載せてついに登場だ。

結構な量である。
食べてみると、こってりかつ濃い味が好きな人間にはたまらない食べ物である。
ただし、肉の食感はとてもクセがあるのでこれは好き嫌いが激しく分かれるように思う。
僕は味、食感共に無問題。舌鼓をうった。
ローテーションリストへの登録確定♪
店に入る前は腹痛になる位腹減ってたのに、店出たときは満腹で苦しかった。
これで550円。
大盛りは+100円で可能らしい。
麺類もあるがやや博打な気がする。
次回行ったときは別のごはん物を頼んでみよう。