Date: 7月 9th, 2012
Cate: MONO
Tags:

電池交換、ならず!

今日、時計の電池交換のお願いをした。
が、結局止めた。
なんじゃそりゃ?となるだろうが、記録を残しておきたいので書く。

今回の時計は、SEIKOのKINETIC ARCTURA。
SEIKO KINETIC
KINETICというちょっと特殊な発電方法を採用したモデル。
この時計は、前回も電池交換をお店でお願いしていて、その時は12000円程度だったと記憶している。

たがしかし、今回はびっくり。
店員「概算の見積もりなので多少の前後はしますが、24000円となります。」

なぁにぃ~~!
キレイに前回の倍じゃないか!

さすがにそれは想定外だった。
「概算の見積もり」とはいえ、結果半額になりましたなんて事はならないだろうからそのお店で電池交換をお願いするのはやめる事にした。

以前友人に教えてもらった、有楽町にあるSEIKOのカスタマーセンターに直接持ち込んで依頼する事にした。

それにしても、KINETIC(正確に言うと二次電池)の寿命は10年と言われているけれど、今回は結構早く寿命を迎えた気がする。
前回が2009年の10月。
よく止まるようになったなぁと感じたのが半年くらい前なので、2012年の初めとすると3年位しかもってない。

なんか悔しいな。

Leave a Reply

 Name

 Mail

 Home

[Name and Mail is required. Mail won't be published.]