息子が昨年のクリスマスにサンタさんからもらったNINTENDO SWITCHですが、JOY-CONのスティックが勝手に特定方向に押された状態(いわゆる暴走状態)になるという現象が発生しました。

調べてみたら、かなりの高頻度で発生する現象のようで、同様のケースが沢山報告されていました。

そして、DIYで修理が出来る対策キットのようなものも沢山販売されていました。
今回は、それを購入し修理しました。

うちの子は親に似てアマノジャクなのか、一般的な赤と青のものではなくモノクロの方を選びました。(サンタさんにお願いしました。)

これが、今回我が家で購入した修理キットです。
新しいJOY-CONのスティックが二つと、任天堂のY字のネジ用と中部の+ネジ用のドライバー、ピンセット、バッテリーを外すための内装剥がしのようなもの、おそらくネジを外した後にふたつに割るときに使うピック形状のもの。
更に、予備のネジとスティックのカバーのようなものまで付いてました。
これさえあればあとは何も必要がない至れり尽くせりのセットです。

右のJOY-CONを分解したところ。
右は楽でした。

左のJOY-CONを分解したところ。
左は右と比べ、一つ多くケーブルを外す分、面倒です。

どちらも、構造を何となくわかってしまえば特に難しくなく交換できてしまいます。

交換後動作のテストをして完了です。
息子も喜んでくれたので、良かったです。