Archive for category DIARY

Date: 12月 27th, 2013
Cate: DIARY

東京タワーその2

今日、仕事が終わって職場を出たときにふとタワーを見たら、今度は「2013」になってました。

image

一緒に職場を出た人曰く、クリスマスまでが「2020」で昨日から「2013」らしい。
年が明けたら「2014」ですね♪

Date: 12月 27th, 2013
Cate: DIARY

東京タワー

今、東京タワーの横のビルで働いてます。
そのおかげで、毎日東京タワーを拝んでます。

これは、クリスマスの日のタワー。
「2020」とライトアップされてました。
東京オリンピック招致記念ですかね。
image

これは、今朝のタワー。
ライトが点灯してないとき「2013」って見えるの初めて知りました。
2013年も残りわずかなのにね。
image

Date: 12月 25th, 2013
Cate: DIARY, FOOD

炙り豚しゃぶ丼 味噌だれ

水曜日に職場ビルの前に来るケータリングで、鶏なんこつキーマカレーのお店があります。で、この店にはカレーの他に炙り豚しゃぶ丼の味噌だれというメニューがあります。

一ヶ月ほど前、初めて豚しゃぶ丼の味噌だれを頼んだときにすっごく軽い気持ちで「豚しゃぶ丼にチーズは乗せられるんですか?」と聞いたら店員のお兄さんが満面の笑みで「出来ますよ(キラッ」との返答。

食べてみたら味噌の味がちょっと濃いめだったの微妙だったものの、その後カレーを買いに行く度に店員のお兄さんに「いつ豚しゃぶ丼チーズ頼んでくれるんですか~?」なんて言われるものだからついに今日頼んでみました。

それがこれ。
image

相変わらず味噌の味が濃いのだけれど、チーズで若干マイルドになるかなぁって感じ。

店員のお兄さんに「年明けに感想聞かせて下さいね♪」って言われてるんだけれど、さてなんて言おうか。

Date: 12月 25th, 2013
Cate: DIARY

ウィンターカップ2013

高校バスケの冬の全国大会、ウィンターカップを観に東京体育館に行ってきました。

image

ここに来るのは2回目。
1回目は自分が高3で確か部活を引退した後。
別に母校が出場するとかそういうわけではなかったのですが、バスケ部の仲間で観に行った記憶があります。
その頃は、ちょうど能代の黄金時代で、3年連続三冠の二年目の年でした。

能代が試合前のアップをしているのを見ましたが、45度からのジャンプショットを田臥は全く外さなかったですね。

という昔話は終わりにして、今回観たいと思った試合はふたつ。

15:00開始の金沢vs能代。
16:30開始の初芝橋本vs正智深谷。

能代は言わずと知れた高校バスケの星。
低迷期もあったようですが、黄金時代を知っている、というかほぼ同世代の自分には生ける伝説なんです。

正智深谷は、埼玉県大会を勝ち進み全国大会に上がってきた高校です。

image

まずはAコートで金沢vs能代。

image

image

この画像だけでは判りませんが、能代は濃色のユニフォームです。
それか何を意味するかというと、黄金期の能代は常に大会の第1シード校だったためにユニフォームがいつも淡色(=白)だったんです。
なので、濃色ユニを見るのかとっても新鮮であり、少し悲しいのです。

試合は、終始金沢のペース。
金沢5番の子が、オールラウンドプレイヤーっぷりを遺憾なく発揮してやりたい放題。
一時は金沢が10点差まで能代を突き放したものの、能代も意地で追い上げます。
しかし、終盤の能代のオールコートプレスをあっさり交わして得点と言うシーンが何度もあり最終的に能代が一回戦で破れてしまいました。
僕自身、高校バスケをかなり久し振りに観たので現在の勢力図がどうなっているのかが全く判りませんが、何度も言いますが能代には王者でいて欲しかったです。

image

image

次は初芝橋本vs正智深谷。
正智深谷の応援席を行くと、関係者席の数が多い!
やはり関東圏の高校なので、平日でも沢山来るんですね。
深谷市のゆるキャラ、ふっかちゃんも応援に来てました。ご苦労様です。

1Q終了後、応援席にいたサッカー部が応援歌を歌い始めました。
それが、おそらくサッカーの試合中に歌うチャントだと思われるのですが、RCサクセションの「雨上がりの夜空に」でした。
ちなみに各休憩時に歌ってましたが、2Qは判らず。3Qは大脱走のテーマでした。

さて、試合の中身ですが、正智深谷が初芝橋本を圧倒!
最終的には100点ゲームで勝利を飾りました。
正智深谷は9番の子がすごい!
恐らく運動神経がずば抜けてすごいのでしょう。
更に12番の子のパスセンスがとても良かったです。
ほんの少しだけ、僕が一番好きなNBA選手であるジェイソン・ウィリアムズを思い出させるようなパスを出してて、応援したくなっちゃう選手です。
この2人以外も、全員が点を取りに行く気満々のイケイケなチームでした。

今回はこの2試合だけでしたが、時間が許せば別の日にもまた試合を観に行きたいですね。
そして、観てると身体がウズウズしてくるので、自分もバスケやって身体が絞まる、と言う良循環を期待したいです(笑)

Date: 12月 23rd, 2013
Cate: DIARY

里見八犬伝

今同じ職場の人に、好きな映画なにかありますか~?って聞いたら間髪入れずに返ってきたコメントが
「里見八犬伝!」

20131223_02.jpg

作品を知ってはいたけれど、観たこともなければこれを推す人がいなかったので観る気も起きませんでした。
ただ、今回この作品をその友人が異常なまでに推すので、これを逃したら一生観ることは無いだろうなと思い、観てみることにしました。

当時(1980年代)の映画を今観る方もいけないのでしょうが、演出や大道具の古臭さは否めません。
あと、中盤の薬師丸ひろ子と真田広之のカラミは必要だったのでしょうか?
なんか、無駄に(当時の感覚からすると)濃厚だったような...。

と、苦言ばかり呈していますが、楽しめたかどうかで言うと楽しめました(笑)
同じ運命を背負う同志が集結し、宿敵を倒すという判りやすいストーリーは日本人には共感しやすいのかもしれません。

今の技術でリメイクするとなったら、CGバリバリの作品になるのかな?そうなったら絶対に観ませんね(笑)

Date: 12月 23rd, 2013
Cate: DIARY, FOOD

こむぎの醤油中華そば

最近ハマっているラーメンです。

image

中華そばは、自分的にはあっさりしすぎていてあまり進んで食べたいと思えるものではありませんでした。
しかり、この「こむぎ」の中華そばは違いました。

醤油の味がとっても濃厚で、こってり好きの僕でも満足出来る一杯です♪

Date: 4月 25th, 2013
Cate: DIARY

ラーメン#5「めいげんそ」

南越谷

濃厚つけ麺 中盛
トッピング味玉

自分の中で、つけ麺で一番おいしいと思えるお店。
そんなお店が徒歩圏内にあるって素敵。

スープの味・濃さ、麺の太さ、どれも自分好みで食べてると幸せな気持ちになります。

Date: 1月 26th, 2013
Cate: DIARY, CINEMA

観たい映画備忘

メメント
ニュースの天才
プレステージ
イレイザーヘッド
π(パイ)
華麗なる賭け
トーマス・クラウン・アフェアー
TIME
ポーキーズ
エレファントマン
マルホランドドライブ

ムーンライズ・キングダム
レッド・ライト

Date: 1月 23rd, 2013
Cate: DIARY

ラーメン#3「桂花」

渋谷センター街

太肉麺(ターローメン)

渋谷での用事を済ませた後、何か食べようとしたら看板が目に入ったので入ってみました。
桂花は、学生時代に新宿で一度食べたきりなのでかれこれ15年振りです。

新宿で食べた時には、コクがあったというか味に深みがあったというか。
基本的に舌が肥えてないので偉そうに味の評価は出来ないんですが、今回のはなんか物足りない。
味が薄いとかではなく、調味料の種類が少なく感じるというかただしょっぱいラーメンだった。

新宿の桂花はそんなことなかったのに。もしや記憶が美化されているのか!?

Date: 1月 8th, 2013
Cate: DIARY

ラーメン#2「元祖 札幌や」

溜池山王
濃厚白味噌ラーメン
味濃いめ

札幌味噌ラーメンは好きなので期待していたものの、残念な味。
味濃いめにしたとは言え、ただしょっぱいだけのラーメンが出てくるとは思わなかった。

プラス要素も無いのでもうこの店で食べることは無いだろう。

Date: 1月 6th, 2013
Cate: DIARY, CINEMA

自宅映画#2「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」

世間は正月休みが一旦終わって、日常の週末を過ごしているかと思いますが、僕は金曜日も休みだった為まだ正月気分です。
と言うわけで、勢いで今夜も映画を一本観てしまいました。

超大作、インディ・ジョーンズです。

僕と付き合いの長い方ならご存知かと思いますが、超大作ってあまり観ないんです。
大学時代にレンタルビデオ屋でバイトしてた時、超大作となると字幕版と吹替版で50本ずつとか大量に入荷してて、レジ打つにも返却されたビデオを売り場に戻すにもうんざりして、タイトルすら見たくないって気持ちになったのがきっかけだと思っています。
特にタイタニックはビデオ二本組だった事もあり、今でもパッケージすら見たくないですね。

と、そんなアマノジャクな人間ですが、最近は少しずつ超大作にも目を向けてみようと言う気持ちになってきました。
勿論、何でもかんでもと言うわけではなくて、自分と感性の合う友人がお勧めしてくれるもので観ても良いかなぁという気になったものから。

で、インディ・ジョーンズがそれでした。

恐らく、小さい頃に実家で父親が観てるのを横で一緒に観てたりはすると思うのですが、さすがに内容までは覚えていません。
(実際、つい先ほど観終わりましたがかなり新鮮な気持ちで観る事が出来ました。)

今更かよ!というツッコミは甘んじて受けますが、狭い洞窟(あれが魔宮?)の中を小さなトロッコで所狭しと走り回るシーンは手に汗握りますね。
あと吊り橋のシーン。あれも、恐らく名シーンなのでしょう。その直前までずっと狭い洞窟の中のシーンが続いたので、あの広大なカットは「おぉ~~。」ってなりました。
最後の、誘拐されて洞窟で働かされていた子供達が村に戻るシーンも、感動ですよね。

勢いで続編も観ちゃいたいところですが、今日はもう遅い(夜が明ける?)ので、いつになるか分かりませんが次回にオアズケです。

Date: 1月 5th, 2013
Cate: DIARY, FOOD

ラーメン#1「濃厚鶏そば@雫一」

図らずも今年1杯目のラーメンとなりました。
今日ではなく数日前になりますが、5日の夕方、夕飯に迷っていた嫁になんの気なく「ラーメンでも食べに行く?」と尋ねてみたら意外と好感触だったので行ってみました。

ネットの情報と人の話を聞く限り自分の好みの味ではないけれど、恐らく嫁は好きだろうなぁと思っていたせんげん台のお店。
行ったことのある友人から座敷有りとの情報も得ていて、調べたところライスもあるので息子の食べるものも問題無し。

と言うわけで、一路車を走らせました。

お店は、スーパーの敷地内に建っており駐車場はスーパーと共用。とてもありがたいです。
店に入ると、座敷は埋まっていたもののカウンター席は低めで子供用のイスも用意されていたのでカウンターで食べることに。

僕:濃厚鶏そば、味玉
嫁:鶏そば
息子:そぼろ丼セット

そぼろ丼セットは麺類に付けられるセットで、プラス300円で丼と餃子、御新香が付きます。
息子には当初ライスを頼む予定でしたが、そぼろも食べられるってことでそぼろ丼に変更。
更にわずかなプラスで餃子も付くってことでそぼろ丼セットに変更。

濃厚鶏そばはこんな感じです。

塩ベースのスープというと澄んだものを想像しますが、ここのは白濁しています。
事前に画像で確認済みで、かなり期待してました。
実際に食べてみても、こってり好きの僕もこれは美味しいなって思えるスープでした。

麺は細めのストレート麺。
濃厚ではない普通の鶏そばもストレートだったのかな?
濃厚なスープには、ストレート麺で合っていると思えました。

鶏そばには二種類の肉が入っています。
名称は良くわかりませんが、ロールチャーシューと炙った鶏肉。
ロールチャーシューも、チャーシューと呼んでますが恐らく鶏肉でしょう。
券売機には、トッピングで鶏チャーシューって表記になってましたが...うん、まぁいいか。

画像の左下にある炙った鶏肉、これが美味しかったです。

味玉は、黄身がほぼレアで箸で割ると流れ出てくるタイプでした。まぁ問題無し。

あ、息子のそぼろ丼、ちょっともらいました。
これも美味しい。そぼろの味付けが結構甘めなので、甘みが強いそぼろが苦手な人は避けた方が良いかも。

総合的に見ても美味しく、また来ても良いなと思える店でした。
何より、嫁がこの鶏そばをとても気に入ったのと、息子を連れて入れるお店と言うのがポイント高いですね。

Date: 1月 5th, 2013
Cate: DIARY, CINEMA

自宅映画#1「Drive」

家でDVD・BDを観た分も、僕のやる気が続く限り記録しておこうと思います。

昨年の何かの映画を観に行った時に、予告でさわりだけ観てとても気になった作品。


http://drive-movie.jp/

この画像もそうですし、作品を通して独特の雰囲気があります。
台詞が少なく、視線やしぐさだけでやり取りするようなシーンが結構あってそういうところが好きです。

ただ、思っていた以上に血が流れすぎます。
しかも、全く想像していなかったスプラッタ的な描写もチョコチョコあって、ホラーが苦手な僕はそういうシーンは目をそらしてしまいます。

カーアクションが、必要以上に有り過ぎないところは良かったです。
(ほぼカーアクションのみ!みたいな映画も嫌いではないのですが)

Date: 1月 2nd, 2013
Cate: DIARY, CINEMA

映画#1「のぼうの城」

本日、正月三が日にもかかわらず映画を観て来ました。

12/30の映画納めからわずか3日後に早速映画初めをしてしまうと言う、映画好きの人みたいな事をしてしまいました。

今回観たのは「のぼうの城」です。

http://nobou-movie.jp/

公開前から気になっていたのですが、観に行きそびれてた作品でした。
もうそろそろ劇場での公開を終了してしまいそうだし、行くなら今しかない!と思い立ち本日のレイトショーで観てきました。

映画を観た後の率直な感想は、野村萬斎がいて成立する映画だな~と言う事。
あと、あれだけ農民に愛される事になった描写をもう少し細かく映像化して欲しかったです。
原作では、その辺りがしっかりと書かれているようなので、原作の小説も読んでみたいと思います。

■映画情報
※今年から、観に行った映画を記録しておく事にしました。

第1回
「のぼうの城」
イオンシネマ 越谷レイクタウン店
スクリーン8
20:25~23:00

2013年

明けましておめでとうございます。

両親と一緒に年越しそばを食べに行って、実家で少しくつろいで家に帰って息子を風呂に入れて...

となんだかんだやってたらいつの間にか23時を回っており、息子が寝たのが23:50を過ぎた頃。
なんかあっという間に新年を迎えてしまいました。

こんなブログを読んで頂いている皆様にとって良い年でありますように。

僕自身も、公私共に有意義に過ごせた~!と振り返ることが出来る一年になるようにしたいと思います。

どうぞ宜しくお願いします。