Archive for category DIARY

Date: 3月 26th, 2011
Cate: DIARY

ツルモク独身寮

僕が今まで読んだ中で一番好きな漫画。
当時はフツーのコミックスを持っていたのだが、当時の彼女に貸したまま別れてしまったので帰って来ず...。
仕方無く、文庫版を大人買い。

最初のコミックスを買ったのが多分15年位前。高校の時に友達に読ませたくて持って行ってた記憶がある。
で、それを貸して戻ってこなくなったのが大学時代...。
文庫版を買ったのが確か5年前位だったかな?

そして昨日、コンビニ版コミックスの第一巻が発売されたので早速ゲット。
文庫版を持っているとはいえ、パラパラめくると懐かしいシーンがあり気が付くとしっかり読み始めてしまっている自分がいた。

表紙は新たに書き下ろされているのだが、みゆきさんもともみもどっちもイイな(笑)

基本ギャグなのにところどころ感動するエピソードが散りばめられている。
ツルモクってやっぱイイ。

Date: 3月 21st, 2011
Cate: DIARY, SWIFT, FOOD
4 msgs

三連休

土日の二日間でやったこと、やらかしたこと。明日やる予定。

土曜日。
午前中美容院へ。
ざっくり髪を切ってもらう。
同級生でもあり、ここ数年ずっと切ってもらってる美容師なので僕の髪質(太硬多)についても熟知している。
その上で、おまかせで切ってくれるのでありがたい。

午後、やらかした。正確に言うとやらかしていた事に気付いた。

このミスのため家を出るのが小一時間遅れてしまった。
充電のためしばらくエンジンを切っちゃいけないのだが、面倒だし
今ガソリン貴重だし、ってことでまず実家へ。

実家には、家庭用電源で使用できるバッテリー充電器があるので、
迷うことなくエンジンを切り充電器を繋いでON。放置。

線香をあげて親としばらく世間話をした後にレイクタウンへ。
嫁が買うものを探している間、赤ちゃん休憩室でミルクをあげてる時に結構大きな地震発生。

遠くの方にある、天井からぶら下がってる「非常口」の案内板が派手に揺れている様を見て、
かなり大きいなと思ったが、とっさの判断で動くことが出来なかった。

建物が倒壊するほどの揺れではなくて良かったが、そのレベルの地震が来たら
家族を守らないといけないのにこんなんじゃダメじゃん。

そんな反省をしながらも、フードコートで夕飯。
最近食えてなかったラーメンを食べる。
ジャンクガレッジのみそラーメン中盛。

中盛は初挑戦。
味がもうちょい濃ければなぁと思いつつ、結構余裕を持って食えた。
角ふじの味濃いめ脂多めのミソが恋しいなぁ。

ちなみに、これが息子を連れての初めての外食だった。
爆睡してくれてたのでゆっくり食事できたが。

日曜日。

昼過ぎに嫁の実家に線香をあげに行く。
帰宅後、嫁は美容院へ。
僕と息子の二人になり、仲良く遊ぶ。
やはり子供はかわいい。子供は好きなので友達の子もかわいいと思えるが
自分の子供は特別だね。

で、明日やることリスト
・スーツをクリーニングに出す
・地震で落下して壊れたレンジを修理に出す。(もしくは修理に出すための準備・調査)

Date: 3月 18th, 2011
Cate: DIARY

NO KAISHIME

image

我が家ではヤシマ作戦、ウエシマ作戦共に遂行中です。

Date: 3月 4th, 2011
Cate: DIARY

アドルフに告ぐ

ほんの少し前だが、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」を一気に読んだ。

アドルフというのがヒトラーだという事だけは知っていて、ドイツのナチス関連の話がただ淡々と進んでいくんだろうという先入観があり今まで読む気にならなかった。

でも、読んでみるともちろんナチスの話中心ではあるけれど全く飽きさせないストーリー展開であっという間に最後まで読んでしまった。

さすがは手塚と言うべきか。

これを機に遅ればせながら手塚作品や名作と言われている漫画を読みあさってみようと思う。

Date: 3月 2nd, 2011
Cate: DIARY

新たな気持ちで

3/1から新しい現場での作業になりました。
今回、初めての要件定義フェーズでの参画。

勝手が違うのでこの先どうなってしまうのかちょっと不安。

前任者が2週間で帰されたそうなので、まずはそうならないようにしないと。

ちなみに場所は有楽町のビックカメラの目の前w
昼は線路の反対側の無印脇にある紅虎餃子房w

Date: 2月 18th, 2011
Cate: DIARY

パンダ理容室

ふと気になって、ちょっと調べて知った、いや発覚した事。

ボクは中学生の頃、地元にある「パンダ理容室」という床屋で髪を切ってもらっていた。
当時の中学生のデファクトスタンダードである「スポーツ刈り」だったのでどこで切っても同じ、ん?いや、短いだけに結構難しいのかも?
まぁいいや。

その、パンダ理容室というところに行ってたのだが、これがうちの近所に沢山店舗がある。
僕が中学生だった頃から約20年経った今でも営業しているので、広いエリアで展開している大手のチェーンなのだとずーーーーと信じて疑わなかったのだが。

今日パンダ理容室のサイトにアクセスしてびっくり。
http://www.panda1212.co.jp/

越谷市内(埼玉県内じゃなくて)に13店舗!

なぜか、新潟に1店舗!

だけ!!!!

えーーーーー!?そんな(汗
全国でも名前が通る有名店舗だと思ってた僕って...。

Date: 2月 15th, 2011
Cate: DIARY

今日(もう明けてしまったが14日ね)、職場の最寄り駅に着き地上に出たら雪が降っていた。
日中は止んでいたが、21時少し前の退社時にも降っていた。しかもかなりの降雪量。

地元に戻ると、その積もり方は更に酷くなってた。

降ってるうちはまだマシで、翌日に道が凍ってたりグチャグチャになってたりするともう仕事に行く気が失せる...。
明日はどうなっている事やら。

Date: 2月 14th, 2011
Cate: DIARY

ゲーム

デヴィッド・フィンチャー監督の「ゲーム」を久々に観た。

結末を知っていても楽しめる作品は良いね。
というか、怖いのが苦手な僕には結末を知っている状態で観た方が楽しめるのかもしれない。

やはりデヴィッド・フィンチャーは良い。
次はファイトクラブかな。

映画館でのソーシャルネットワーク、BS録画のゲームときてDVDのファイトクラブ。
確実に僕の中でデヴィッド・フィンチャーがキテるな(笑)

Date: 2月 11th, 2011
Cate: DIARY
4 msgs

新年会

約1か月遅れになったが、昨日会社の新年会があった。

そこで、今まであまり話さなかった人と結構話す機会があったが、顔といい雰囲気といい友人にすごく似ている事に気付いた。
特に、笑いの取り方というかトークの進行がホント一緒(笑)
思わず、茨城に親戚いませんか?って聞いちゃったよw

Date: 2月 7th, 2011
Cate: DIARY

子供

約1ヶ月前の事だが、子供が産まれた。
元気な男の子。

僕ももちろん嬉しいが、両親の喜びようがちょっと尋常じゃない。
初めての孫&跡継ぎの誕生では無理もないか。

うかれている両親を見ていると、これも親孝行のひとつなのかなと思う。

まぁ、孫の顔を見せられて良かったよ。
俺のおじいちゃんが出来たように、少なくとも孫が成人するまでは元気でいてくれ。

Date: 2月 1st, 2011
Cate: DIARY, FOOD

社食

社員食堂。
大企業であれば、社員の福利厚生の一環として食堂があるところも少なくないだろう。
自分の会社(あ、就職しました)は、大企業ではないのでそういったものは無いが、
自分の業務形態の性質上、中~大企業に常駐して作業をすることが多い。
今まで常駐した会社に中でも社食がある現場もいくつかあったが、
今日最終日を迎えた某企業の社食はすごかった。
何がすごいって、安い!安すぎる!

口で言ってるだけでは判らないと思うので実例を紹介。

・大皿のおかず(この日はビーフストロガノフ)200円
・小皿のおかず(この日は豚とキャベツの味噌炒め)100円
・ごはん(小)50円
・味噌汁20円
合計370円

実例2

・ビーフカレー(大盛で普通盛と同額)200円
・小皿のおかず(この日はチーズメンチカツ)100円
合計300円

この現場に2ヶ月居たが、普通盛と同額で大盛に出来るカレーの
コストパフォーマンスがあまりにも高すぎてカレーがヘビロテだった。
ずっと一緒に昼ご飯を食べてた人から、
「この2ヶ月、週の半分はカレー食べてましたよね。」と言われる位。
多分僕の身体は、カレーとラーメンで8割位を占めてるんだろうな。

作業環境・雰囲気も悪くなくて良い現場だったが、それ以上に社食に
後ろ髪をひかれてしまう、そんな現場。さらば!

Date: 1月 25th, 2011
Cate: DIARY

DVD数枚購入

帰宅後、嫁に頼まれたDVDを買いに行ったついでに気になるDVDを見繕って購入。

上(右)から、
■カジノロワイヤル&ネバーセイ ネバーアゲイン
このカジノロワイヤルは元々観たくて買おうと思っていて、007シリーズ(特にコネリー・ボンド)も好きなので願ったり叶ったり。
■存在の耐えられない軽さ
フランス作品(この作品はちょっと微妙だけれど)好きなんです。
■ブルース・ブラザーズ2000
最初のヤツが大好きで、2000はビデオを持っていた。
1000円なら良いかということで。
■嫁の嵐DVD
これを買いに行くのが目的だったので...。

右上は夕飯のフルーツグラノーラw

Date: 12月 12th, 2010
Cate: DIARY

ノルウェイの森

昨日の話になるが。
観ようかどうか散々迷ってた「ノルウェイの森」、結局観ることにした。
観ようと思った理由は、
前に観に行った「死刑台のエレベーター」上映前の予告で流れ、
ちょこっととは言え映像を観てしまった。
そうでなくても、テレビでバンバン番宣をしている。
1シーンだけれど、僕がイメージしていた景色に近いシーンがあった。
などだが、結局のところ小説と同じようにはいかないと思っていたので、
小説版とは全く別の「映画版ノルウェイの森」として観ようと心に決めていた。
観るかどうか迷っている間にも、着々と買い集められていたノルウェイの森関連商品。

ネタバレ(原作がある作品でネタバレって言うのか?)は極力避けようと思いますが、
映画の情報を少しでも入れたくないと言う方は以下読まないことをお勧めします。
内容は
やはりな
という感想。
2時間であの作品の細部まで語るのは不可能。
小説を読んだ人が「小説を完全映画化!」と思って映画を観ると、
色々な細かいエピソードが省略されていてガッカリする。
かと言って、小説を読んだ事ない人が観ると、話の展開についていけないと思う。
ちょっと話が飛ぶ感覚がある。
と、ネガティブな感想を書いた上で、全体としては悪くは無かった。
上にも書いたように僕は小説とは別の作品として観ようと思っていたし、そこはそうしてよかったのだと思う。
小説を何度も読んでいく中で出来上がっていた景色やイメージも、結局映像化されたものとは違っていたけれど、それが正解じゃないと思う事にした。
上書き保存じゃなくて別名保存するような感じかな。そんな解釈もある、と。
映像はすごく綺麗。映像美だけで映画が楽しめるって人にはおすすめ。
ファッションやインテリアも当時の流行を再現しているのだと思う。(まだ生まれてないから...)
でも、ワタナベの住んでいる学生寮や緑の家などはもっとフツーの殺風景なところを想像していたのでそこは抱いていたイメージと大きく違っていた。
監督が原作大好きで、原作をすごく大切にしているのはなんとなく伝わってきた。
ワタナベ(松ケン)の言い回しなんかは原作に忠実。やっぱ「僕」はあの口調じゃないと。
正直、もう一度観たいかと問われたら2回目はすすんでは観ないかもしれない。
でも、観て後悔をするわけではない。本当に感想が難しい作品だ。
鑑賞後購入したパンフレット。レコード盤的な。

映画を観て、改めて小説を読みたくなった。
つい最近手に入れた英語版にチャレンジすることにする。

Date: 11月 7th, 2010
Cate: DIARY
2 msgs

初めての「北斗の拳」

今日、毛布を洗いにコインランドリーに行ったとき、置いてあった本の中にそれはあった。
「北斗の拳」
今まで一度も読んだ事がなく、ケンシロウっていう胸に7つの傷がある人が強い。ひでぶっていう。あべしっていう。位しか知らなかった。
たまたま今回手に取った巻が良かったのか判んないけど、シュウって人は神!
他人のために自分や自分の息子を犠牲に出来るって、簡単じゃない。
北斗の拳って戦ってひでぶあべし言ってるだけなのかと思ってたけど、あんな人間ドラマもあるのね。

Date: 11月 5th, 2010
Cate: DIARY

ようつべ動画

このタイミングで、まさかのニュースで話題になっている動画じゃないヤツをご紹介w
ひとつは、一昨日のBBQのときに教えてもらった動画。
かなり秀逸。
僕らのあの漫画がひとつに!

もうひとつは、上の動画の関連動画で出てきたやつ。なぜ?
こいつ、こんなに辛い思いしてたんだなぁって思った。