Archive for category ROADSTER

Date: 1月 11th, 2008
Cate: ROADSTER
5 msgs

そんな事は無いと言って!

先日のミーティングで、
ウェザーストリップをNB用のものに交換すると雨漏りが治まった!
なんて言う神発言的アドバイスを頂き、早速調べてはみたものの待てよと自分を落ち着かせる。
ロードスター乗りの先輩方に問います。
ロールケージがウェザーストリップ交換の妨げになることなんてありませんよね?ありませんよね?ありませんよね?
orz...。
品番まで調べたのに...。

Date: 1月 6th, 2008
Cate: ROADSTER
2 msgs

ナリタモーターランド スポーツ走行

友人に誘われ、ナリタモーターランドのスポーツ走行に参加してきました。
実家から向かったんですが、まだ埼玉にいる時点で雪がフロントガラスに舞い降りてちょっとビビりました。結局ナリタではドライ路面で走れたんですがあそこでウェットは怖いです。
正直、路面ぬれてたら見学に切り替えるつもりでした。
12時ちょい過ぎ頃にナリタモーターランドに到着すると友人が既に居て、走行の準備を始めてました。
助手席まで外してた!本気だ!
僕の後に、RX-8の友人が到着。
その後ろに白いNBが...い?さんの登場です!
日記のコメントを見て、急遽参戦を決定していただいたようです。
さすが!
元々参戦予定だった友人二人の車が赤。
僕とい?さんの車が白。
なんかおめでたい(笑)
20080105_04.jpg
実はこの後真っ赤なZ3の方もいらっしゃったのですが5台並んだ姿を撮り忘れました、残念!
そんなこんなしてる間に、走行開始の13時が近づいてくるのでそそくさと走行準備。
僕はいつも荷物降ろして4点着けるだけです。楽々。
タイヤは前回と変わらず、3年熟成のネオバです。
スポーツ走行はタイム計測が原則無いということもあり、今回は100%おさんぽ気分で臨みます。
一周目はい?さんに隣に乗ってもらって走行。
最低限注意が必要なコーナーの説明をしました。
あとは愛車の楽しさを無言で楽しんでもらいました(笑)
二周目はうちの連れを乗せて走行。
サーキットでの同乗走行は初めてだったようですが、思いっきり車酔いしたようです(汗
三周目は初の同乗無し。
自分のペースでお散歩です。
↓がその時の車載動画です。

ステアリングの回し方が汚いし忙しいなぁ?。どうにかならんものか...。
四周目はちょっと攻め気味。
でも動画の撮影に失敗しました、無念。
ガス欠の心配があったので僕は一時間のみでしたが、5台のうち2台が14時からの枠も走りました。
2台だともう耐久レース状態でしたね?。
タイヤとガソリンの心配が無ければ走りたかったなぁ?。
次の予定も早々と決まりかけているので、その時には新しいタイヤで臨みたいと思います。
1/23にはTC1000もあるし。
最後は、ストップウォッチでのタイム計測で計算するために不安定な場所に置いておいた携帯の残念な姿...。
20080105_05.jpg

Date: 12月 26th, 2007
Cate: ROADSTER
5 msgs

ナリタモーターランド走行会の画像

当日一緒に走行会に参加されていた方に撮影していただいてました。
走ってる車を止まっている様に撮るのって難しいんですが、素晴らしすぎます!
そして、シートベルトをドアにはさんでいるのは見なかったことにしといて下さい!<ALL
20071226_01.jpg
20071226_02.jpg
20071226_03.jpg
20071226_04.jpg
20071226_05.jpg
20071226_06.jpg
20071226_07.jpg
20071226_08.jpg
20071226_09.jpg
20071226_10.jpg
20071226_11.jpg

Date: 12月 25th, 2007
Cate: ROADSTER

オイル交換フルコース

オイル交換
時間が過ぎてしまいましたが12/23(日)に、千葉某所にある某ガレージにてオイル交換をしました。いや、してもらいました。
以前交換したのは、エンジンとミッションが夏ごろ、デフが...いつだったっけ?
友人の用事で埼玉のとあるショップに行ったときにやってもらったのが最後だから恐らく1年は経ってるかな?。
そんな調子であまりオイル管理できていないので、ここは一発まとめて交換してやろうと。
オイルの銘柄や粘度は全てガレージの主であるW氏任せです。
でも、そこまで的外れな粘度ではないはずなので無問題♪
実際に作業が始まると、何か手伝うことはないかと思いながらうろうろするけれども何も出来ることは無く、完全にお客さんになってしまってました。
やってもらう立場なのに申し訳ないっす...。
交換の順序は、最初にデフ、次にミッション、最後にエンジンと言う流れでやっていただきましたが、デフにジャッキを掛けようとしたときに問題発生。
車高が低い上、デフの近辺に補強バーを装着している為ジャッキが掛けられない(汗
自分の中では、そこまで低いって意識は無かったので意外でした。
自宅で作業する時のためにラダーでも購入しようかな。

今回は、リアタイヤの下に下駄(木っ端)をかまして嵩をかせぐことで作業を続行することが出来ました。
ジャッキアップされる愛車その1
20071223_01.jpg
デフは、リア側から覗いた時にボルトが二つあるので抜く時はまず下側のドレンボルトをゆるめる。
デフオイルがちょろちょろと流れ出す。ここで上のボルトをゆるめると抜けるスピードが加速する。
全部抜き終わったら次はオイル注入。あ、注入前にもちろん下側のボルトは締めておく。注入は上のボルトから。量は1L弱位。
入れたオイル
SUNOCO BRILL #140
20071223_02.jpg
作業風景
20071223_03.jpg
注射器型のオイルサーバーでの注入はとても大変そうでした。
ホント、ありがとうございました。
オイル交換とは関係ないですが、明るいうちに車の画像撮れるってことで現在のタイヤの状態を大公開。
スリップサインはもう陸続きになっちゃってます。
20071223_04.jpg
ジャッキアップされる愛車その2
20071223_05.jpg
はい、次はミッションオイル。
車を上げ、ミッションの下側にあるドレンボルトをゆるめてオイルを抜く。
ミッションの側面(助手席側)にあるボルトをゆるめると抜けるスピードが加速する。
全部抜き終わったら下側のボルトを締め、横の穴からオイル注入。
入れたオイル
SUNOCO Ultra GEAR 85W-140
20071223_06.jpg
ミッションオイルの注入は、W氏が購入したペール缶用のハンドポンプを使って楽々でした。
こういう時、工具やアシストツールのありがたみを感じます。
これも購入しなければ♪
エンジンオイルは、
あっ!
と言う間に交換が終わってました。
ちなみにエンジンオイルは
SUNOCO Svelt 5W-50
20071223_07.jpg
オイルクーラーも付いてるので4L位ですかね。
結局本当に何もしないまま作業が終わってしまった...。
でも、作業手順をじろじろ見ていたので次は自分でやるぞ!
とても勉強になったオイル交換でした。

Date: 12月 17th, 2007
Cate: ROADSTER
5 msgs

ナリタモーターランド走行会

今日はナリタモーターランドの走行会に参加してきました。
結果的にタイムの短縮は出来ませんでした。
敗因?というか言い訳?ですが、タイヤがまるボウズでした(汗
何を隠そう、タイヤは2004年11月に交換したNEOVAをはき続けています。
話を聞くと、NEOVAは1年で油が抜けてグリップがなくなるらしいです。
それを3年使い続けてる僕って...。
と言うわけで走る前からタイムの更新が出来ないのはわかっているので、今回は楽しく走り、どこも壊さずに帰る事を目標にしました。
ちなみに、ナリモの自己ベストは45.95です。
■第1ヒート
LAP1 LAP2
53.37 51.05
まぁ様子見なので。
■第2ヒート
LAP1 LAP2
51.48 50.16
着実にタイムを縮める。
やっぱりこのコースは楽しいなぁ。
ところで、本格的にグリップしません。
ここで悪あがきを。
ナラシの為に最弱に設定していたDFVを前8段戻し、後5段戻しへ。
これは、同じDFVを入れた友人のセッティングのインスパイアです!パクリじゃねぇぞw
■第3ヒート
LAP1 LAP2
50.46 48.50
更に縮んだ!
でも、グリップしないのはもちろん変わらず。
実は第2ヒート後に空気圧を測ったら4輪とも1.5しかなかったんです(滝汗
ここで、出走者の方から空気入れを借り、圧を上げました。
空気入れって自転車用のと同じようなT字のヤツなんですが、大体20回やって0.1入るらしいんです。
と言うことは0.5入れる場合は一ヶ所100回、4輪分で400回!
いや?、いい運動になりましたw
■第4ヒート
LAP1 LAP2
49.82 48.48
ちょびっと今日のベスト更新♪
ここで、更に欲を出して前後のタイヤ交換。
今まで、比較的山のある方を前にしていたのでそれを後ろへ。
どちらにしてもスリップサインが出ちゃってるので焼け石に水なんですがw
■第5ヒート
LAP1 LAP2
50.87 49.10
特にタイムは縮まらず。
しかし、少しでも頑張りすぎると簡単に滑る状態がなんか楽しくなってきちゃったw
■第6ヒート
LAP1 LAP2
49.31 48.54
このヒートでも相変わらずタイムを気にせず走りを楽しみました♪
このコースと自分の車、ホント楽しい♪
■第7ヒート
LAP1 LAP2
61.75 50.56
一周目、裏ストレートを気持ちよく走り抜けようと思ったらオーバーで横向いちゃいました(汗
いや?落ちなくて良かった?。二周目は大人しめに無難に走破しときました。
■第8ヒート
LAP1 LAP2
51.04 49.75
少しだけブレーキを遅めにしてみました。
タイヤが終わってる状態なので無理は出来ないけれど、少し頑張ってみようかなって。
タイムには現れないんですがね。
■第9ヒート(最終)
LAP1 LAP2
64.27 53.26
最後、更にブレーキを遅らせてみたら...一周目・二周目とも第1コーナーでどアンダーで突っ込む寸前(汗
一周目はまだしも二周目も...。学習しろ、俺。
最後に、回っちゃった(正確にはハーフスピンかな。)第7ヒートの動画。

今まで、車載しか撮らなかったけれど、今回はカメラの固定マウントを忘れてしまったので外から友人に撮ってもらいました。でんでん虫入りさん、ありがとうございます!
動画を見て、自分なりの課題
・第1コーナーの進入ライン
・S字進入時の車の向き
・アウトインアウトを全く意識してないコーナーがある(裏ストレートの前の、ぐるっと回る辺り)
・アクセルもブレーキも踏んでない時間
・その他もろもろ。
いや?やっぱサーキットは面白い!
次は1/23にTC1Kを走る予定です。
それまでにタイヤをどうにかしたいけど...。
ノーマルフェンダーで215とか入るかなw
P.S.
いつも、出発から到着までの所要時間を忘れるので備忘
船橋出発@7:10位
酒々井のセブンイレブン@7:54
ナリモ到着@8:20位

Date: 12月 9th, 2007
Cate: ROADSTER
4 msgs

OHLINS DFV車高調

キタ!
先週の半ばに注文し、到着まで一週間程度と言われたのでこの週末は無理かなぁと思ってましたが、届きました!
ナイス黒猫!ナイスカロッツェリアラボジャパン!
と言うわけで、分かる人にはここまででネタばれしてしまってるわけですが。
どーーーーーーーん♪
20071209_01.jpg
これだけだとさすがに分かりませんかね?
どーーーーーーーん!
20071209_02.jpg
おーりんず!
どーーーーーーーん!
20071209_03.jpg
初めての新品の足回り!
めっちゃキレイ!
というわけで、キタのはオーリンズのDFV車高調です♪
新品の車高調って良いですね♪
あっと、最後におまけのどーーーーーーーん!
20071209_04.jpg
アイバッハのバネ♪
結局コンプリートキットにしてしまいました♪
足回り、何にしようか迷ったんですよね。
知り合いから他のメーカーのを勧められたり、サーキット走りこんでる友人がショップオリジナルの足回りを購入してたりしてホント迷ってたんですが、結局最初に考えてたこのオーリンズのDFV車高調にしました。
作業中の画像がひどく少ないのはこのブログの仕様です。
どうしても没頭しちゃうんですよねぇ。
それでも、ふと思い出したようにいくつか撮っておきました。
まずフロントのダンパーの比較
20071209_05.jpg
オーリンズ(もちろんキレイな方)の方がちょこっと短いかな?。
減衰調整のツマミがついてる分、オーリンズの方が頭が飛び出てますが足の方の○の大きさが小さいおかげで、横(取り付ける方向と90度ずれる方向)にするとロアアームの隠しボルトのある穴にすっぽり入ってくれるので組み込みはとってもラクラク♪こんな簡単にいけたっけ??なんて思っちゃう位でした。
違いが分かるほど繊細な感覚は持ち合わせてませんが、なんとなく1Gを再現してみたりして
20071209_06.jpg
フロントを交換し終えると、ちょこっと試走。
フロントだけでも違いは分かるものですね?。まぁ、減衰最強にしてるので当たり前かもしれませんがガッツンガッツンきます。
もちろんフロントだけなのでなんだか変な感じ。
家の近所をぐるっと回って、今度はリアの交換に取り掛かります。
リアは、フロントよりも交換しやすいので更にラクラク♪
リアの分も記念撮影です。
こちらはほぼ同じ位かな?。
20071209_07.jpg
もちろん作業風景は無いです(爆!)
さぁ、前後とも交換後わくわくの試走へ。
え??っとですね、街中を前後とも最強の減衰で走るのはお勧めできません(汗
ガッツンガッツンしちゃって乗り心地どころの話じゃありません。
途中、コンビニの駐車場で前後とも15段戻して再出発♪
うわ?、今度はやわらか過ぎw
初めて自分のロードスターで酔いそうになったw
実家に戻り、今度は5段ほど硬くする方向に戻して結局10段。
この位がちょうどいい感じです。
さて、サーキットに行ったらどのくらいにしようかな。
周回系の方で減衰調整可能な足回りの方はサーキットと普段、それぞれどのくらいの減衰にしてますか??
以下備忘
減衰は前後とも20段。
時計回り→硬くなる。
??追記??
寝ぼけて書いたせいか誤字脱字が(汗
ちょっと校正しました。

Date: 11月 5th, 2007
Cate: ROADSTER, CAR etc, URAWA REDS

どにち~

またまた土日のお話。
土曜は、お昼まで車いじり、夕方から会社の同僚とカート大会に行ってきました。
まずは車いじりについて。
と言ってもホントこまごまとした雑作業です。
・ウォッシャータンクの取り付け
・ポジションランプ変更。
・オバフェン取り付けのために外していたバンパー取り付け
地味でしょ(笑)
まず、ウォッシャータンクは移設するので配線の延長が必要でした。
既存の配線を切って延長でも良かったんですが、端子で繋がっているのでその端子と同じものが手に入ればただギボシをかしめて延長コードを作り、カチッとはめるだけで終了です。純正のパーツを全く傷つけずにいけます。素晴らしい!
20071105_01.jpg
ここに写ってるモノたちは金曜の夜に船橋から実家に帰る途中、22時まで営業しているドライバースタンドで購入したもの。
その中でも、二極の端子は「平型がTの字」という暗号みたいな記憶のみで賭けで買ったものですが、これがぴったりだったのでひと安心♪
20071105_02.jpg
ちゃっちゃと取り付けてしゅーりょー♪完成の画像は撮り忘れました(汗
次にポジションランプ。
今付いてるのはむか?し買ったLEDのバルブで、スーパーホワイトだかシャイニングホワイトだかそんな名前のものだったんですがこれが見事に青白い(汗
JAROに訴えるぞ...。
まぁそれを使い続けてる自分も自分なんですが、恐らく車検には通らないので明らかに問題なさそうな(=安い)ヤツと交換。怪しいところは全てクリアしとかないとね♪
後はバンパーの取り付け。これは画像省略。
さて、雑作業も終わり、久々に乗りたいなと思いロードスターのバッテリーにザオリクを唱えて復活。近所を一回り...。
楽しくありませんでした。
エンジン始動直後のアイドリングはちゃんとするんですが、走り出してアクセルオン → 回転数↑ → アクセルオフ → 回転数↓ とやるとそのままエンジンストール。
減速時・停止時は常にアクセルをあおってあげてないといけません。
どこが原因なんだろう、予定では日曜、車を預ける予定なんですがこのままじゃ預かってくれないよなぁ...。
そんなこんなしてる間に、出発時間が近づいてきました。
夕方からカート大会。ホントはカート大会にもロードスターで行きたかったんですが、さすがにこの状態では乗っていけません。ワゴンRで出動です。
カートの会場は、過去に二度行っている浦和のサーキット秋ヶ瀬。三度目の出走です。
前回と同じく会社の同僚達と行ったんですが、今回は気温が低くてなかなかタイヤが温まらず、前回よりもスピンしてる人が多かったように思います。
そういう自分はと言うと、二度ほどやらかしましたがスタッフに助けてもらう事無く自力で走り出せる程度なのでよかったです。回ってる時、走り出しやすい向きで止まるようコントロールする自分がいたり(笑)最終コーナーでは滑りそうになった時に自然にカウンターをあてて回避してる自分がいました。実車じゃ出来ないのに(汗
それにしてもカートってすっごく勉強になりますね。周りの同僚達は会社のイベントとして楽しんでいましたが、僕は思いっきり練習のつもりで走ってました。あ、もちろん楽しんでましたよ♪
20071105_03.jpg
はい、ここまで土曜の夜に書いてて寝落ちしてました(汗
ちょこちょこと修正しつつ、日曜の分追記です。
日曜。
上に書いたロードスターの症状を改善させ、車検を通してもらうために店に持って行くのが今日の目標。
さて、どうやったら治るものなのかさっぱり見当がつかん(汗
それとは別に、なんだかどこにも刺さっていないカプラがインマニの奥の方でぷらんぷらんしてる...。
これもどっかに挿しとかないとね。
でも、いくら探してもその相方が見つからないのです。
サイドからじ?っと見ても、フロントから目を凝らしても、真上から覗き込んでみてもそれらしいものは見つからず。
困った時のナントカ頼みと言うことで、わがWDPのげっと会長と、同じくターボ仕様でプライベーターなtomoya氏に直メール攻撃。
すると即座に返信が。こういう時、先輩がいると言うことは本当にありがたいです。
ここではないか?あれじゃない?と色々とアドバイスをもらい、最終的には直電まで頂いた結果、そのカプラの相方を発見!
このカプラーは純正のものではなくVプロの配線で、吸気温度のセンサーに繋がっていたものでした。しかも繋がる先はインタークーラーからインマニへのパイピングで、間の悪いことにこのパイピングを入れ替えていたりして(汗
そりゃ見つからんわ。
そのカプラを挿すことで、エンストする現象も治まりました♪
どうやら、センサーから送られる信号が無かったことが不調の原因だったようです。
それでもエンジンを掛け走らせてしまうVプロ、恐るべし。
近所をぐるっと回って、アクセルオフでもエンストしないことを確認。
いや?、カプラーひとつであんなになってしまうとは車ってホントデリケートですね。
最後にタイヤを車検用のものに交換し、お店に預けに行きました。
なんとか日曜の目標達成!
愛車が帰ってくるのがとっても楽しみです♪
最後は、土曜のカートに行く途中にイオン浦和美園店のスポーツオーソリティーで購入したレッズのレプリカユニ。
20071105_04.jpg
先週末に購入し、ナンバーのプリントをお願いしてました。
左は達也のACLのユニフォーム。右は天皇杯の優勝記念のユニフォーム。
なんか持ち物に赤いものが多くなってきそうな(汗

Date: 9月 24th, 2007
Cate: ROADSTER
2 msgs

インマニ脱着→オイル漏れとの決別

先週の作業の続きをしました。
前回、タービン周りのレイアウト変更をした結果、タービンへのオイルラインの長さが足りなくなり(これは承知済みであり長いオイルラインもあった)、オイルラインを変更しようとしたところインマニ下のオイルフィルターの辺りに爆弾を抱えていることが判明したので、後日インマニを外して治療をしようということに。
で、今日。
インマニを外す前に、ラジエターをおろします。NA6はLLCがインマニにも通るらしく、LLCを抜いておかないといけないそうで、そのついでにラジエターを外しちゃいます。インマニ外すだけならばラジエターはLLC抜くだけで済むと思うんですが今回はちょっと一緒にやっちゃいたい事があるので(後述)
ラジエターは、前に一度外したことがある(NA6純正→NA8(M2-1028)純正)ので簡単にいけるかな?と思いやってみたものの、ちょっとした落とし穴が。
インタークーラーからインマニに行くパイピングの後付けされた追加インジェクターが、ラジエターについてるファンの囲い(金属製)と干渉して抜けません...。
格闘の結果、パイピングを緩めてずらしてあげて何とかラジエターを抜き出すことが出来ました。
LLCを抜きながら、インマニのボルト外し。
上側の5本は工具を駆使して緩めることが出来ましたが、それでもまだしっかりと固定されてる。
ライトで照らしながら固定しているボルトが無いか見てみたけれどそれらしいものはナシ。
ここで、前回とてもお世話になった超大物改め我がクラブの会長げっと氏にメールで泣きつきました。
すると、残りのボルト位置を画像つきで教えてくれました。更に電話でも説明してもらって、なんとかインマニを外すことが出来ました。
20070924_01.jpg
分かりますかね?
エンジンから、T字の三つ又が2つ繋がった先に純正の油圧センサー。
げっと会長曰く、「延長した先に重量のあるものがあったら負担かかっていつか折れる
その通りだと思います。
将来の不具合の原因を潰したことで、取り付け穴が減ったために純正油圧センサーも殺す事になるかと思ってたんですが、これまたげっと会長のアドバイスにより以下のように接続することで元々繋がってた全てを生かすことが出来ました。
20070924_02.jpg
奥のステンメッシュ:タービンへのライン
横向きの奥の方:Defi-Linkの油圧センサー
横向きの手前の方:純正油圧センサー
一番手前にちょろっと見えるやつ:Defi-Linkの油温センサー(オイルフィルターにサンドイッチブロックを挟んでそこに取り付けてあります。)
となっております。
見て分かるように、三つ又を横並びに繋げるのではなくTの長いトコに短いトコを繋げてみました。
とにかく、これでオイル漏れが無くなってくれればいいな♪
もうインマニ脱着はあんまりやりたくない(汗
パイピング類をしっかり締め直して、銅二層のラジエターを取り付け(レベルアップ♪)、試走に行ったところしっかりブーストも掛かるし問題なさそうです。
タービン辺りから白煙が上がってたのは散々ぶっ掛けた5-56のせいかな?
ヤベ!っと思って路肩に止めてエンジンルームを眺めてたけれどそのうち白煙が収まったんで問題無しとします。

Date: 9月 20th, 2007
Cate: ROADSTER
4 msgs

ロードスター進化中

まだ作業が完了してないので情報小出しで。
現在、マイロードスターは実家で不動状態です。
月曜日に作業を始めたものの予想外の展開(!)となり助っ人(注:超大物)に来ていただいて手伝ってもらった。いや、代わりにやってもらったと言う方が的確に状況を表現していると思う。
結局、月曜(もう日付変わっちゃってたけど)の夜に作業ストップ、続きは明るい時にって事になりました。
次回はインマニ外します。果たして自分で出来るのだろうか?
次回の作業を終えた時にはマイロードスターが自走可能な状態になってますように。
そういえば、3連休のうちにこまごまとした純正部品をディーラーに注文しました。
今週末(また3連休♪)には届くと思うので余裕があったらその装着の様子もアップしたいなと思います。
最後に、今回の作業と全然関係ないマイロードスターの様子です。
20070920_01.jpg

Date: 9月 10th, 2007
Cate: ROADSTER
2 msgs

サイドミラー

週末に撮ってきたので恥ずかしながら公開。
20070910_01.jpg
まぁ、クラブの会長さんとオソロです。(会長、真似っこでモウシワケナイっす!)
モノはとあるバイクの純正ミラー。
取り付けは穴あけ位置を指示する台紙みたいのがあったんでらくらくでした。
速度調整できるドリルって素敵!買っといてよかった♪
純正ミラー取り付け穴は、同梱のプレートで目隠し。
トランクでもやってる必殺技、カーボン柄カッティングシートでラッピング。
そこまでひどくは見えないでしょ?

Date: 9月 7th, 2007
Cate: ROADSTER
2 msgs

リアバンパー

最近、ず??っと考えていた「愛車の外装をキレイにしてやろう!」というプランを少しずつではあるけれど遂行中。
で、今一番の悩みどころがリアバンパー。
以前、高速でうっかりリアバンパーを落としてしまって割れ放題な状態。
一時は同じの新品で買ってやろうかと思ったけれど、割れ放題とは言え手元にあるのに同じモノを買うのはなんか悔しい。
というわけで、やっぱり割れたリアバンパーを直して使おうと思ってます。
今暫定で着けてる純正バンパーの、塗装のヒビみたいのがなければそのまま使おうかなとも思うんですが...。
で、何が悩みどころかと言うのは、どう直すか。
ご存知の方もいるでしょうが、モノはベリーのスタイリッシュリアバンパー。
あのゴテゴテ感がたまりません。
今週末、とあるFRP職人のもとにバンパーを持っていって補修の依頼をしようと思ってるのですが、そっくり新品の状態まで直してもらうか、ちょいと違う形にしてもらうか。
これで悩んでいるのです。
元に戻してもらっちゃえば、もちろん自分の好きな形なので満足ですが、違う形(≒ワンオフ)にも憧れます。
ナリタでコースアウトしてパックリ割ってしまったフロントバンパーもこのFRP職人の手によって修復してもらったんですが、実はちょっとラインを変えてもらったりしてプチワンオフ状態になってるんです。自分でも忘れてたくらいだから多分誰が見ても気づかないはず(汗
リアバンパーをワンオフにしてもらったら、リアアンダーデフューザーを付けたくなります。でも、もちろんロードスター用なんて出てません。
理想の形は、RE雨宮のFD用。めっちゃかっこええ。
汎用のもあるにはあるんだけれど、装着状態がイメージ出来ない。それに、ロードスターのリアバンパーにすんなり装着出来るのか?とても安いとは言えない金額を一か八かで払えるはずもなく...。
という、はかない夢(=デフューザー)の話は置いといて、ワンオフにしたら実家ガレージに放置中の、あるパーツが付けられます。
これは、昔少しの間だけ着けてたリアバンパーの付属品で、後ろから見た格好がオシャレになります。
(この時着けてたリアバンパー、知人のワンオフだったんですがベリーのType-Nリアバンパーの元になったものです。オカマ掘られて割れて、修理に出した某ロードスターに強いショップの下請け鈑金屋に勝手に処分されました。ありえねぇだろ...)
そんなわけで、僕のロードスターのリアバンパーはどれも不遇な運命を辿っているわけですが、それも今回で最後にしたいと思います。
そもそも高速でうっかり落とさなければこんな事にはならなかったわけですが、起こってしまった事はもう過去の事として、反省をしつつこれからを考えていく事にします。
とりあえず、週末に依頼に行くのでそこで方向性が決まります!楽しみ♪

Date: 8月 16th, 2007
Cate: ROADSTER
2 msgs

ロールバーの画像

だいぶ遅くなっちゃったけれど、ロールケージの画像をアップしちゃいます。
20070816_01.jpg
まず全体。アップにしすぎて何がなにやらって感じかもしれませんが、分かる人だけ分かればいいんです。
20070816_02.jpg
追加したセンターバー。
センターバーには、こんな補強プレートが追加されるみたいです。
20070816_03.jpg
追加したサイドバー。
これがボディ剛性に一役買って欲しい...。
20070816_04.jpg
追加したサイドバー。今度は助手席側。
純正シートだとクリアランスが厳しいらしいけれど、両席フルバケだと案外余裕で入ったみたい。

Date: 8月 9th, 2007
Cate: ROADSTER
4 msgs

ロールケージ

なんだかロードスターの話題って久々な気がする...。
ロールケージ着けた。
元は何点式だったっけ?
サイトウロールケージのバージョンR。クロモリ。
心優しきお方に物々交換していただきました。本当にありがとうございます。
手元に来てからだいぶ時間が経っちゃいましたが、先日サイトウに持ち込んで作業依頼。Iボルト付きセンターバーとサイドバーを追加してもらう。パッドは赤。
工賃はそこそこ掛かったけれど、安全と安心も購入できたので満足です。
画像はそのうち公開しようかなって思います。

Date: 7月 5th, 2007
Cate: ROADSTER

待ってろよ、ロードスター

最近、あまりかまってあげてないロードスターですが、水面下では色々と計画を進めてます。
今考えている全ての計画が達成できた時には、チューニングの最終型がだいぶ近づいてきていると思います。
見た目、中身とも大きな変化を遂げる(予定の)我が愛車。
想像するだけでニヤニヤしちゃいます。

Date: 6月 17th, 2007
Cate: ROADSTER
2 msgs

本庄サーキット

知人に誘われ、ふらっと本庄サーキットへ行ってきました。
ふらっと行っただけあって、ろくに場所も調べずに行ったものだから出発する時になって初めて100km超の道のりである事に気づきました(汗。でももちろん行っちゃいましたけど。。
一人色々な事を考えながらの高速。最近、またちょっとした出来事があった今の自分にはなかなか堪えます。鬱にならないよう自分の好きな歌を大熱唱。失恋ソングはSKIP!
ナビがあっても迷うスキルが備わった『超』方向音痴な僕でも、大きな致命的ミスをやらかさずなんとか到着。
実は、自分は走らずに見学のつもりだったんですよ。だって今はロールバーすら外しちゃってて無いし。
でも、着いて知人と話しているうちに、やっぱり走りたくなって申し込んじゃいました。
交通費も思いのほか高く、こんだけ払って来ておいて見学だけもツマラナイと思ったのもあります。
元々走る気が無い状態で来たため、ホントに走ることが出来るのか車を眺めつつ確認。
・装備は?
→メット、グローブ、ツナギ、シューズは会社のカート大会の時から車に積みっ放し。
・ロールバーは?
→幌を閉じていれば無くても走行可。ロールバーが無いことによって4点式のシートベルトが着かなくなるが、3点式(純正)でも走行可。
・その他
→タイヤつるつる(汗
お昼の12時から30分弱の講習を受け、あっさりとサーキットを走る権利を得ました。
本庄サーキットは、1枠20分、これが午前9枠、午後9枠、合計18枠あります。
僕は、とりあえず今回は様子見ってことで13:40からの枠をひとつだけ予約しておきました。
13時から知人が走るので同乗させてもらえることに!(このサーキットでは、メンバーのエントリー時のみ同乗が許可されるようです)
車は全く違うんですが、コースレイアウトやライン取り等とっても参考になりました。
知人は2ヶ月ぶりの本庄アタックとの事でしたが、いや?攻める攻める。腕があるのももちろんですがやっぱNSXってすげぇ!速ぇ!
今回の走行は、エンジンやら何やらをちょこちょこといじってから初の走行だったようで、本人も「かなり良くなってる!」とご満悦でした。
僕がすごいと感じたのはブレーキング。めちゃめちゃ良く効くし、彼もその制動力を上手く使いきり、かつコントロールしてました。車重がだいぶ違うのに、僕よりもブレーキ踏んでる時間が短いかも。腕の差ですね...練習練習!
そんな彼も一度だけスピンしそうになったんですが、即座にカウンターをあててカバーしてました。僕だったら完全に回ってます。ああいうときのカバーがまだ全っ然出来ないんですよねぇ。これも練習を積まないと身に付けられませんよね。課題ばかりがどんどん増えてくw
さて、いよいよ自分が走る枠が近づいてきました。
オープンにも出来ず、4点じゃなくて3点のシートベルトな時点でサーキットの雰囲気台無しですが、まぁ復帰第一戦ってことでまったりとお散歩してこようかな...と...
直前までは思ってたんですが、いざコースインするとやっぱ踏んじゃいますね。ブレーキはあまり利かず、タイヤはつるつるなのに攻めちゃいました。今回の目標は、ブレーキの使い方を覚える事です。NSXのブレーキがとっても良かったので、それに少しでも近づきたいなと。
ロックさせず出来るだけ奥まで」「踏んでる時間は短く」これを心掛けながら走ってみました。
本庄で特に難しかったのは第2ヘアピン。左のヘアピンの後に、わずかに左に入り込みつつ右に抜けていくと言う難所です。
言葉だけでの説明はとっても難しいので、これ見てください。第2ヘアピンのR15って書かれてるトコです。ここをヘアピン抜けて真っ直ぐ抜けられればいいんですが、ライン取りがヘタでどうしてもヘアピンの後にステアリングを左に切らなくちゃいけなくなります。僕はフツーのヘアピンを抜けるようにアウト-イン-アウトで抜けてしまっていたのですが、NSXオーナーより、「あそこはクリッピングポイントを奥に取った方が良い」とアドバイスをもらいました。確かに、そうすれば左にステアする必要が無く真っ直ぐ抜けられるようになるかも。
今までのサーキット走行を振り返ってみると、
ナリタ:数回
TC1K:1回
TC2K:1回
本庄:1回
あっち行ったりこっち行ったりwどっかホームコース決めて走った方が腕上がるかもしれませんね(汗