Archive for category ROADSTER

Date: 11月 5th, 2006
Cate: ROADSTER

ロードスターの燃費

そういえば、今日ラーメン食べに行く前にガソリン入れました。
前回入れた時に距離をリセットしといたので久々に燃費計算してみました。
給油量
29.43L
単価
135円
総額
3973円
前回からの走行距離
197km
燃費
6.7km/l
orz...。
ちなみに、スタンドに入って停車したものの、何をボケたのか給油機の左側(ロードスターは左側に給油口があるので逆)に停めてしまいました。何故そうしたのか今でもわかりませんが、気付いたのがタッチパネルで油種選択とかしてる時。僕が入った直後に混み始め、真後ろには空き待ちの車がぴったりとつけてました。
しょうがないので、ホース引っ張って強引に入れてやりました。いや、強引と言うほど強引じゃなく、フツーに出来たんですけどね。
給油口が上を向いてるロードスターだからこそ出来る技なんでしょうね。
後ろの車には
「いつもこんな感じだぜ!給油機の位置に合わせて車の向き変えたりとかスマートじゃないしね。」
という雰囲気を軽く漂わせつつ、颯爽と給油を済ませてレジに清算に行きました。
それにしても燃費...。

Date: 11月 4th, 2006
Cate: ROADSTER

スプリング交換!

交換といっても、替えたのを元に戻すだけなんですけどね。
やはり、スプリングが遊ぶのはダメダメでした。首都高のギャップがこんなに怖いと思ったのは初めてです。
というわけで、今日は実家に帰ってスプリング交換作業。最近、腰痛をこじらせて通勤電車や仕事中辛いんですが、その痛みを我慢しつつ作業を行いました。
今回は前回の逆でまずリアからの作業。リアにフロントから移したスプリングが付いてるからね。で、覗いてみると足回りはこんな感じ。
20061104_01.jpg
無理してCリングの位置を低くしすぎたせいでロアシートとドラシャが干渉してこのザマです。
20061104_02.jpg
何故かこんなところも削れてる。あと、ドラシャに押されてロアシートが動いたせいかダンパーの塗装が剥がれてる。
20061104_03.jpg
ダンパー抜いたトコ。いや?見れば見るほどキレイに削れてますわ。
リアはスプリングを6キロに戻し、Cリングの位置を一段上げました。
この先画像無いんですが、フロントはリアに使っていた8キロのスプリングを入れ、Cリングの位置は2段上げました。
腰の痛みをかばいつつなんとか作業完了。あまり頻繁にはやりたくないね。
昨晩と同じ道走れば違いがはっきりとわかるんだろうけど、実家から船橋への帰り道だとあまり酷い道もないのでフラシーボ効果で乗り心地が良くなった気がするだけ。
早いトコ車高調キット欲しいです。

Date: 10月 28th, 2006
Cate: ROADSTER

ロードスター復活!

今日、ヘッドカバーのガスケットを受け取ったので、早速ロードスターの復活作業を行ないました。
20061028_01.jpg
まず、ビフォアの画像です。
20061028_02.jpg
ボルトを数本緩め、ヘッドカバーを取ったトコです。初めて見たかも。
取り外す時バルクヘッド側のへんてこなパーツがすごく邪魔だったのでそのうち取っちゃうかも。
スライドカムプーリー久々に見た(w
20061028_03.jpg
普段見ることの出来ないエンジン内部を凝視。
コレハナニ?ヤバイの?ヤバイの?
20061028_04.jpg
本日入手したヘッドカバーのガスケット。
B61P-10-235B
値段は聞き忘れました。
20061028_05.jpg
今まで頑張ってたヘッドカバーと...もう一つヘッドカバー?
20061028_06.jpg
ジャジャーン♪
転んでもタダじゃ起きないっす。
ふっふっふ♪
20061028_07.jpg
で、今回の不調の原因がこれです。このヤローがプラグホールに居座ってやがりました。
これは何かと言うと、ノロジーのプラグコードに付いてる帯(?)。
恐らく、以前プラグコードを抜いてヘッドカバーの掃除してた時にポロっと...。
実はエンジン開けるまでも無かったってオチですが、ず?っと実家の物置に眠ってたヘッドカバーも付けられた事だし、満足です♪

Date: 10月 21st, 2006
Cate: ROADSTER, BANDIT

今日した事

朝起きて洗濯と簡単な掃除。
NAPS足立店に行き、BANDITのパーツを注文。
冬用のウェアやグローブをひとしきり見てみる。
実家に帰って飯。
ロードスターとBANDITのパーツをインプに積み込む。
船橋に戻る。
現在、PCにかじりついてる。
BANDITのパーツ交換して、友人からもらったアドバイスを元に点検してみて、ロードスターとバッテリー直結してBANDIT蘇生作業をまた頑張ろうと思ってたのに
なんでロードスターもバッテリーあがってるのさ
ロードスターに荷物を積むときに、キーレスのアンサーランプが弱々しかったのでエンジンを掛けようとしたらセルすら回らなかった...。
その瞬間、心がポッキリと折れました。ってか粉々に砕かれました。
もう何もやる気しねー。

Date: 10月 19th, 2006
Cate: ROADSTER, BANDIT, BIKE etc

ふと思う。

昨日、帰宅後バイクを動かしてみた。
案の定エンジン掛からず。日曜と全く同じ状態。時間をおけば掛かるようになるさ!なんて楽観的考えは見事に打ち消された。
こりゃ本格的に判る人に見てもらわないといけないかも。
ついでに、BANDITの数台隣に停めてある不動の原付にも久々に触ってみた。
シートに座ってハンドルを握ってみるとなんか凄い違和感。
こいつに乗らなくなって結構な時間が経っている上にBANDITに乗り始めたからだと思う。
大学時代から乗りつづけてきたバイクなのにと思うと少し悲しく思う。
右のブレーキレバーが固着してた。
スロットルが以前より更に手ごたえが無くなってた。
樹脂部分に明らかに艶が無くなってた。
正規の駐輪スペースがあるだけで放置車輌と変わらない。
乗り物は乗らなくなると劣化が激しい。
ロードスターとBANDITは、絶対にそうはさせない。
早く完調状態に戻さないと。

Date: 10月 18th, 2006
Cate: ROADSTER
2 msgs

ロードスター、実質不動状態

1週間くらい前かな。
会社から帰ってきて、雨の中ロードスターで実家に帰ろうとした時の事。
エンジンをかけてすぐに、いつもと違う感覚を受ける。
エンジンがドコドコ言ってるよ!?
なんだよこれ!って思いつつも、エンジン掛けたまま駐車場にいるのはちょっと気が引けるのでとりあえず出発。暖まったら直ってくれるさって全く根拠の無い期待もあった。
しばらく走っても、全く症状は改善しない。ドコドコ。
ただでさえ低速ではギクシャクしてしまう愛車なので、運転にかなり気を使う。
そんな状況にたまりかねて、コンビニに停めてエンジンルームを確認。
う?ん、見た目には何も変わらず。
でも、走りつづけることで良い方向に向かう事が無いというのは予想できたので、家に戻る事にしました。実家に帰る用事というのも大した事では無かったので。
家に帰ってからは特に何もせずでしたが、後日エンジンルームを確認した時に原因を発見しました。
周りに相談した結果、プラグかプラグコードが原因では無いかという事だったのでその二つを確かめてました。
バルクヘッド側から二つ目のプラグコードを抜いた時
ぐしょ...。
ぐしょ?
大雨の日に靴が派手に濡れてぐしょぐしょになった状態って判りますか?もしくはぬかるみに思いっきりはまった時とか。
そんな感覚がプラグコードを伝って僕の右手に伝わってきました。
不調の原因がわかった瞬間、エンジンOHとかそんな言葉が頭をよぎったわけですが、知り合いに相談したらそこまで大掛かりな不具合では無い様子。
作業としては、今溜まっているオイルを抜いてから、ヘッドカバーを外してパッキンを新品に交換。って感じらしいです。
で、そんな作業をしようと思ってるんですが、今回の作業に必要になるパッキン(ガスケット?)の品番判る人いますか?
検索しても、ガスケット一式で2万位ってのしか見つからず...。
あ?、最近バイクばっかだったからいじけたのかなぁ?。

Date: 10月 1st, 2006
Cate: ROADSTER

ナット入手

前回のバネ交換作業の時にアッパーマウントを留めてるナットを無くしたわけですが、その後すぐに注文し、手元に届きました。
20061001_01.jpg
このナット、ひとつ305円(税込)するんですよね。8個だと2440円...。
ナットで2000円超って考えると高いですが、今のナットはサビサビなので気分一新です!
H001-28-333
フランジナット
290円(305円)

Date: 9月 23rd, 2006
Cate: ROADSTER

バネレート変更

実家に帰ったついでに、車をいじりました。
気まぐれで足回りのバネレート変更。
今はフロントは8キロのリアは6キロ。
共に自由長は200mmのTEIN。
うちに余ってるのはレートが10キロ、自由長多分180mm位のSwiftのスプリング。
と言うわけで、フロントにSwiftを入れ、フロントに使ってたのをリアに回して10キロ8キロにしようって魂胆です。
今回、かなり久々に車いじるんですよね。ジャッキ使ったのも久々。おかげでフロントの片側だけで30分以上掛かってしまいました。
とりあえず片方だけ交換して試走。近所の広いくせに車が通らない道に停めて眺めてみる。
う?ん、思いっきり高くなってる...。レートが高くなった分だけ車重分の落ち高が少なくなり、結果高くなってます。
考慮したつもりでしたが、思ってたより2kg/mmのレート差は大きかったみたいです。
家に戻り足をまたバラす。今度はCリングの位置を2段一気に落とす!
試走して眺めてみると、程々の落ち具合で良い感じです。フロントのもう片方もCリングを同じ位置に調整してバネを交換。いやいや良い感じです。
勘を取り戻してきたのであまり時間を掛けずに出来ました♪
今度はリア。
リアの交換はフロントより楽チンです。ダンパーを抜きCリングの位置をとりあえず1段落とし、フロントに使ってたバネを組む。
車体に取り付けてまた試走。
ん?なんか干渉してる音がする?でもすぐ収まった!?
停めてとりあえず車高だけ確認。やっぱ高い!
戻ってまたバラす。組んではバラし、組んではバラしの連続で気の長い作業です...。
Cリングの位置を2段落とし、車体に組もうと思ったところで...。
先ほどの干渉音の正体が分かりました。
スプリングのロアシートとドライブシャフトが干渉している音でした。
そういえば、ネットの掲示板で車高を落としすぎるとシャフトに干渉するとか見た覚えがあります。
あまり低くしようと思ったことが無かったので今までスルーしていたのですが、ついにこの問題に直面しました!
回避策を取るとすれば、ロアシートとシャフトがぶつからない位置で車高もそこそこ落ちる自由長の短いスプリングを手に入れる位ですが、近々車高調買っちゃおうかなぁ?って思ってるので、今のダンパーに合わせたスプリングを買うのもちょっと勿体無い。と言うことで、車高が高いまま組んじゃう事に!
試走に行った時の位置までCリングを上げ、車体に組んじゃいます。このときの車高はさっき見ているので試走は無し。逆側もさくっと交換。
干渉音をどうしようかと思ったのですが、落ち着くと音が消えるからいいやって事で無かった事に♪
とは言え、激しい突き上げがあるとちょっとマズそうなのでその事を頭に入れつつ走る事にします。
そんなこんなで作業終了。
今、僕のロードスターはメチャクチャヒップアップな状態です。おまけに、左前のアッパーマウントがナット一個でしか止まってません。
作業中、エンジンルームの奈落の底に落としてしまったのです(汗
試走に行く間にさんざん振って落ちてくれるのを願ったのですがダメで、船橋への帰り道に交通量の多い道でコロンと落ちてくれました...。拾えねぇよ!
アッパーマウントのボルトはとっても錆びていたので、この機会に全て新品にしようと思います。恐らく、ボルトが落ちていったのは神のお告げと思っておきます...。
P.S.
画像撮りたかったのですがデジカメ忘れました。
おまけに携帯にデジカメ付いてない(汗

Date: 9月 18th, 2006
Cate: ROADSTER

TC1000見学

天気が怪しかったですが、バイクで行ってきました。
今日走ったのは、
・K山氏(NA1)
・K山夫人(EK4)
・S藤さん(DC5)
・ゴメンナサイ、名前聞いてませんでした。(アキュラNSX)(※初めてお会いしました)
です。
僕が着いた時にちょうどみんな走っていたのでぽか?んと眺めていましたが、やっぱり
走りてぇ
って思っちゃいますね。ウズウズしてきます。そばにロードスターさえあれば!!
ウェットだったのでもちろんベストの更新などは無かったものの、皆さん得た物は色々とあったようで走り終わった後にあのコーナーのライン取りは?とか反省会を開いてました。
S藤さんは以前2000の方で車をぶつけてしまい、今回はサーキットの復帰戦でしたが外から見ている限りでは特に不安や問題は感じられなかったですね。
修理ついでにタイヤ幅を広げたり車高調入れたり、既にモータースポーツ地獄にはまってしまったようです。
20060918_01.jpg
K山NSX。
20060918_02.jpg
K山夫人EK4。
20060918_03.jpg
S藤DC5。イカツイ!
20060918_04.jpg
今日初めてお会いした方のアキュラNSX。
もちろん左ハンドル。
当たり前ですが右手でシフト操作ですよね?。
もし、乗れといわれたらとっさに出来るものなのだろうか?
K山氏のNSXも、アキュラNSXもいい音させて走ってました。
排気音聞いてるとウズウズしてくるんだってば!
今回はあまり写真撮れませんでしたが、走行中のNSXを結構キレイに撮れたのでアップしちゃいます♪
20060918_05.jpg
最後は、「自分の仕事が何なのかわきまえて洋服を選んでくれよ」と思った光景です。
20060918_06.jpg

Date: 8月 27th, 2006
Cate: ROADSTER
10 msgs

TC2000

前日に、知り合いからチケットが余ってしまっているので走らないかと打診を受け、TC2000の初走行を決意しました。
以前にTC1000走ったときに、純正バンパーがオイルクーラーのコアを隠すようなレイアウトだった為に油温が上がり過ぎてスローダウンを余儀なくされた時に、次にナリタ以外のサーキットを走るときにはエアロに戻すか、コアに風が当たる様に加工してからにしようと思っていたのですが、結局そのままのエントリーとなりました。
今回の走行枠は、2時からの30分間の枠です。
ワクワクして12時半頃に着いてしまいましたが、既に知人が先に到着してました。
何度も一緒に走っているY澤女史、今回誘っていただいたK山夫妻。
他に、名前は何度か伺っていましたが今までお会いする機会の無かった、僕達の業界(仕事の)ではかなり有名な方とも初めてお会いしました。でも、あまり話をする事は出来ませんでした。
自分の出走までに、レンズ類のテーピングや4点式シートベルトの取り付けなどを済ませます。タイム計測のための機械が欲しかったのですが、急遽出走の為今回は諦めてました。でも、誘ってくれた知人のK山さんが枠が違うからと言う事で貸してくれました。感謝感謝です。
前の枠の走行が終わり、車がどんどん出て行きます。で、ついに僕が走る枠の出走となりました。
僕は、仲間ですでにTC2000デビューをされているY澤女史に着いてコースイン、すぐさまハザードを炊いて一周目は完熟走行とタイム計測器の様子見のためにスロー走行です。
最終コーナー手前からハザードを消し、アタックに突入!
一本目のホームストレートでふと思う。
「あれ?ブレーキングのポイントが分からないぞ」
と思っているうちに第1コーナーが間近に。
ここで、結構思いっきり、かつ長めにブレーキ踏んじゃいました。ステアリングも切ってたと思います。
記念すべき最初のコーナリングで派手にスピンかましてしまいました。
その後、この一周はリハビリに費やしました。
2本目以降も、速度域こそ上がったもののラインやアクセル開度など全く分からず、ギャラリーからしたらダラダラ走ってるように見えたと思います。僕的には初走行だったので何となく感触が得られればいいやって気持ちで後ろから早そうな車が来たら即座にハザードつけてました。
とは言ってもただ抜かれ続けてるだけでは面白くないので、前後に車が居ない時にはアタック的なことをしてみたりしつつ、周回を重ねました。
それにしても、ナリタみたいな狭い所で走り慣れてしまうと、TC2000は広すぎですね。
・コース幅が広すぎてどこを走っていいのか分からない。
・ストレートが長すぎて、速度が出すぎ。
いやいや、怖いです。でも、恐怖心を抑えながらもコーナーを旋回するのはやっぱり楽しい♪
5本目の最後のヘアピン辺りからクリアっぽいのが取れたのでアタック開始。
ラインが全く分からないけれど頑張って攻めます。なんだかんだで前に車が居ますがとりあえず一周はアタックしたいのでアクセルは緩めません。ワーニングもなんだか光ってますが見なかった事にしてアタック。
結局これが本日のベストラップ。1’14.46でした。
20060827_01.jpg
とりあえず走ってる時の画像。
どこ走ってんだこれ(汗
6本目の感じが良かったので、7本目も頑張るぞ!と気合を入れる。
しかし油温に続いて水温もワーニングが点灯。
えぇい!もう少しだけ頑張ってくれ!
そうロードスターに言い聞かせ、攻める!攻める!
最終コーナーでミニが回ってた。後で動画を見返すと結構危険な抜き方しちゃってます。反省。
コーナーを抜けた立ち上がりで親の仇の如くアクセルペダルを踏む!踏む?踏み抜けちゃった!?
ナニコレ?一瞬頭の中真っ白。でも、このすぐ先がピットロード入り口だったのを思い出し、後方確認⇒ハザード点灯⇒右端に車線変更矢印ピットロード進入が出来ました。
人間、焦っててもやらなきゃいけない状況ではどうにかなるもんだ。
ピットで止まると、アクセル踏んでないのに回転数は落ちない。
落ち着いてエンジンOFF。
この状況でまず思い浮かんだのが、ペダル周りの破損。
アクセルペダルの裏側のどこかが壊れ、常に踏んでいるのと同じ状態になってしまっているのではないか。頭突っ込んで見てみましたが、ペダルがぷらんぷらんな状態以外は特に変わったところが無いように思える。
という事はエンジン関係?
かなりビビリながらエンジンルームを開けると、運転席側のアッパーマウントの下に何か転がってる。
スロットルのシャフトが破断してる(汗
そのせいで、アクセルワイヤーがぷらんぷらんしてる...。
20060827_03.jpg
破断したシャフトを含むスロットルの画像。
あ?もう今日は走れないのか?。ん?今日はと言うか、コレって走行不能じゃん!
困り果てました。一番の問題は今日のサーキットは内緒で参加しているという事。
最低限、実家まで車を持っていければ別の車で帰れるのでいいのですがそれもままならない状況。
僕が所属してる、WDPの会長(生粋の周回系)にたまらずコール!
会長から、とりあえず今出来る状況確認(エンジンへの影響とか)と、その他のアドバイスを頂きました。
その後、現地で出来ることをいくつか行いました。
まず、知人の懇意にしてるショップで積車を手配してもらえるか。
積車は今日丁度別の用事もあってお願いすると到着が夜になる模様。その時はまだ午後3時。お願いするとしても最後の手段という事になりそうです。
次に、走りに来てるロードスター乗りに予備のスロットルを持ってないか片っ端から声を掛けて見ました。TC2000パドック内のロードスターは、ビックリするくらいNCが多かったです。なんだかんだでまだまだサーキットはNBが過半数を占めていると思っていたので結構衝撃的でした。
比率は、
NA:NB:NC = 1:4:5
位でした。NAは僕を含め4台...寂しい。
と、余韻に浸りつつも数少ないNAオーナーさんに声を掛けてみました。
スロットルは、NA6とNA8では互換性がないので、4台から更に篩に掛けられ結局僕以外では1台しかいませんでした。で、その方もスロットルの予備は持っていないとの事。流石にそう都合良く行かなかったです。
意気消沈気味のところに会長から電話があり、クラブメンバーに連絡したら予備を持っている人がいるらしい。そして直接連絡をしたら、これから持ってきてもらえる事に!
すっっっっげぇありがたい!
もう、スロットルを現地で手に入れられなかったら不動はどうしようもないから積車の手配に悩んでたんですが、思わず両方の問題がクリアになりました。
知人の手を借りてピットの中に移動していた車を、サーキットスタッフの方の好意でゲート近くの駐車場に牽引していただきました。クラブのメンバーは、聞いていた時間よりも30分位早く着てくれて僕がぽかんと見ている間に神がかり的な手際の良さ(その上丁寧)でスロットルを交換していただきました。
それまで待ってくれていた一緒に走った知人たちは、その頃に帰路に着きました。
今まで一緒に待っててくれてありがとうございます!
今回、人の温かさと仲間の大事さをとっても実感しました。
わざわざスロットルを持ってきていただいた上に交換作業までしていただいた組長様&姐様
適切なアドバイスとメンバーへの連絡に尽力いただいた会長。
ショップに積車の件でわざわざ連絡してくれた、今回同行した皆様。
嫌な顔せず、同情してくれて励ましの言葉まで掛けてくれた現地のロードスターオーナー様。
サーキットの走行時間終了後、一番奥のピットからゲート脇の駐車場まで牽引してくれたサーキットスタッフの方(ライセンス講習の時に居た方だと思います。)
皆様、本当にありがとうございました。
最後に、今回も動画を撮影できたので公開します。

ヒールアンドトーの回転数合わせが出来てないのはご愛嬌って事で。
あ?恥ずかしい...。

Date: 8月 8th, 2006
Cate: DIARY, ROADSTER

後日談

○その1
8/6に走行会に参加した帰りですが、東関道から京葉道に乗り換えるトコの料金所で突然ギアが入らなくなりました。
前の車が料金を払い終わって進んだので僕も進もうとしたら1速に入らない。2速にも3速にも入らない。
ミッションと格闘する事恐らく10秒ほど(体感的にはもっと長く感じたわけですが)。焦ってたのでもう覚えてないですがどこかにギアが入ったので吹かしながら窓口のおっちゃんのもとへ。
料金を払い終わり、進もうとしたらまた入らない!今度は2、3回チャレンジしてなんとか1速に入りました。
その後は、京葉道の花輪で降りて下道で家まで帰りましたが、ミッションはいたって普通でした。
アレはなんだったんだろう?
今書いてて、以前(4年位前かな?)、知り合いと一緒に車の下に潜って作業してたら、
「レリーズシリンダーからオイル漏れしてる。そのうちクラッチが切れなくなるよ」
なんて言われたのを思い出しました。
レリーズシリンダーはそのすぐ後に新品に交換したのですが、その辺りの問題なんでしょうか。
でも、クラッチは踏み込んでおかしな感触は無かったし、結局またギア入るようになったからなぁ?、謎。
○その2
走行会の行きと帰り、ずっとオープンで走りました。
前日に実家に帰ったときに、久々にオープンで走りたくなってハードトップを外したので、オープンジャンキーに逆戻りしてしまいました。
帰ってきてからのどの調子が変です。
走行会の後、友人夫婦に誕生会を開いてもらったのですがその頃にはもうのどが痛くて思うように喋れない状態になってました。
一説によると、光化学スモッグってやつでのどをやられる事がある&この日は光化学スモッグ注意報発令中。
それのせいか?せいなのか?と思いつつ、ただの風邪だったら恥ずかしい...。

Date: 8月 6th, 2006
Cate: ROADSTER
2 msgs

ナリタ走行会

え?と、このクソ暑い中走行会に行ってきました。
とてもタイムアップなんて望めないから、楽しく走れればイイや位の気持ちで臨みました。
本日の走行会には、僕の走りの師匠よりもナリタを速く走る人が久々に参加される、と言うことでコレは乗ってもらわない手はありません。ドラミが終わってすぐに乗っていただくお願いをしました。
僕としても久々のナリタ。8ヶ月振り位ですかね。出走準備を終わらせるとあっと言う間に走る番が回ってきたのでとりあえず何も考えずに出走。
まだタイヤも冷えてるし無茶も出来ないから大人しめに...
う?ん楽しい♪自分的には、バックストレートの入り口手前からグリップ感が無くなり、滑っているかのように走ってる区間が大好きです。でも、その区間の終わりは以前に落ちたことのある直角コーナーなんですが(汗
気は抜けない...。
一本目・二本目と今までと変わらない感じで走った後、三本目の前に大師匠に運転してもらう事に。
とりあえず、タイムは抜かされました。なんで初めて運転した車でタイムが出せるんだろう?すげぇの一言。
腕のある人は、車を選ばないんでしょうね。
そうそう、今日は大師匠に自分の車を二回運転してもらいました。
その他に、師匠の車と主催者の方の車に同乗させていただきました。
僕が横で見て盗もうと思ったのは、走行ライン、あとはハンドルさばきとペダルワークです。
まずは、大師匠のハンドルさばき。
これは二本目に乗ってもらった時にじっくり観察できたのですが、とにかく無駄にハンドルを切らない!切り増したりソーイングしたりって事が全く無かったです。
今回は自分の運転を動画に収める事に成功したのですが、コレと比べるとまさに雲泥の差です。大師匠運転の動画も撮っておけば良かった...。あの的確なハンドルさばきは絶対自分のモノにしたい!
次に、師匠の走行ライン。
師匠の同乗走行で学ぶ物は多いのですが、今回は走行ラインに注目しました。
ナリタは、狭いので複合コーナーの連続。すなわち、どこかのコーナーでミスると後々までそのミスが響いてしまいます。
長年ナリタを走られている師匠はもちろんそれを知り尽くしています。横に乗せてもらうと、「ここはこう走ればいい」とかアドバイスしてくれるんですよね。自分にはまだ無理な芸当です。人にアドバイスできるほどの腕を持ちあわせていないのはもちろんの事、自分は運転に集中してしまって他の事出来ないかと(汗
最後に、主催者様のペダルワーク。
今回の主催者様、今まで何度かご一緒させていただいた事がありますが、車はぱっと見ノーマルorライトチューン。師匠いわく「とても乗りやすく仕上げた車」。
見てるとそれほど速いタイム刻んでるようには見えないんですが、コレが速いんです!その理由を見つけるために、同乗させてもらう事が出来ました。
乗ってみて思ったこと。
コーナー入り口では、アンダー気味に進入しているように思えます。しかし、コーナー出口(もしくはその手前)ではぴったりとクリップにつけているんですよね。あれは純粋にすごいと思いました。僕だと、アンダー⇒アンダー⇒アンダーであの狭いコース上でどこ走ってるんだかわからなくなっちゃいます(汗
で、おそらくなんですが、この要因はペダルワークではないかと予想してみたんです。上の二つ(ハンドル・ライン)も関わってきてると思うのですが、でもペダル。
コーナーで制動のG(勝手に名前付けちゃってますが、ブレーキを踏んだ時に前のめりになる方向のG)を自分のときよりも長く感じました。
全て自分の推測ですが、この方はペダルを踏んでいない時間が僕よりも少ないのではないかと。制動時はブレーキしっかり踏んで速度を落とす。加速時はもちろんアクセル踏む。で、大事なのがどちらのペダルも踏んでいない時間を作らない。僕は「コーナーも速く抜けた方がもちろん速いはず!」と思いながら走ってたので出来るだけ速度は乗せて突っ込んでたんですが、皆さんの横に乗せてもらった後の一発目は意図的にブレーキ長めで速度を落とし、自分の思い描いたラインに乗せながら走ってみました。
すると...
なんかタイム更新したんですが...(滝汗
なぜか2周のうちの1周目。
しかも1秒以上縮めたらしいです。今までのベストが47’11で、今回46秒台を飛び越えていきなり45秒台に乗ってしまいました。
(ちょっとタイムを忘れてしまったので正式タイムは後で報告します。)
ベストタイム、45’95でした!
それにしても、ブレーキを踏むようにしたら良いタイムが出るなんて。
スポーツ走行は奥が深い。
最後になりましたが、今回動画を撮る事が出来ました。
残念ながらベストラップの周回ではないのですが、コレはベストを出した後の映像なので、それまでとは走りが違うのが(本人には)わかります。
ベスト出す前の動画は、コレよりさらに腕が未熟なのとちょっと撮影に失敗してるトコがあるのでお蔵入りって事で。

上手い方、この動画見ても鼻で笑ったりせずあたたかく見守ってくださいね。
自分で動画を見返したら、ステアリングの回し方が直近の課題だなって思いました。
※2006/08/07 タイムが分かったので加筆・修正済みです。

Date: 8月 5th, 2006
Cate: ROADSTER
4 msgs

衝動

ふと思い立って、半年位前に缶スプレー塗装したボンネットの塗装を剥がしてみました。
で、今剥がしたままのFRPむき出しの状態。前より色合ってるかも。
とは言え、地が丸出しなのは良くなさそうなのでそのうちまた塗り直す予定です。
それにしても、塗装時は神経使うけど塗装剥離時は腕と体力を使います。時間も使います。
おかげで今右腕に違和感があります。
ちなみに明日はかなり久々の走行会です。ナリタモーターランド。
撮れたら動画撮ってこようかと。

Date: 7月 9th, 2006
Cate: ROADSTER

エアコンパネル欲しい

最近、あんまりインテリアとかに手をつけていなかったのですが、最近見て欲しくなったものがあります。
エアコンパネル。
RSプロダクツというトコのクラシックエアコンパネルというモノ。シンプルでとってもカッコイイ!純正メーター、Defi-Link、オーディオに合うのかは全くわかりません(汗
今、エアコンパネルのバルブが切れているので、その交換ついでに変えたいなぁ。

Date: 7月 8th, 2006
Cate: ROADSTER

アシ

知り合いのアシで川越まで行ってきました。
・ミッションをクロスへ
・走行中、運転手が暑さで参っちゃうので断熱化
・その他
と言うメニューで二ヶ月ほど入院しておりました。
今日出撃したのはなぜかワゴンR。
知らない人が聞いたら「あ?そっちの方が快適そう。」って思いそうですが、うちのワゴンRは、エアコンは効かないしエンジン回らないし、快適さとは無縁(かといってスパルタンとも違う)な車となっております。
川越で用事を終え、実家に戻ってロードスターに乗り換え船橋に帰ったのですが、とっても楽チン♪
やはり僕の愛車はロードスターです!