Date: 2月 2nd, 2018
Cate: DIARY, BIKE etc

エイプの整備その1 とりあえずエンジン始動

前オーナーさん曰く、「キャブのセッティングが出てない。エンジンもなかなか掛からず、掛かってもすぐにエンストしてしまう」だそうで、まずはその辺を見ていくことに。

image
タンクに給油してコックをオンにしたらお漏らししました。

image
なぜか、エアクリ側から漏れてる。
キックすると、タンクからキャブに向いているホースからガソリンが吹き出すのは何故?

image
フロート室からも盛大にお漏らし。滝のようだ!

image
なんか中の状態が怪しくなってきたので、何は無くともキャブ清掃。車体についていた純正キャブと、一緒に頂いたビッグキャブ(おそらくKEIHINのPC18)も洗浄。

image
ちょっと試しにビッグキャブを付けてみました。
あ、武川のCDIが入ってる。

この時に気付いたのが、「あれ?さっき純正キャブの時、燃料のホースおかしなところに付いてなかったか?」
自分の記憶では、燃料ホースが負圧のニップルにつながっていたような(汗
まさかな~と思いつつも、取りあえず正しい箇所にホースを繋いでキックしたら、いきなり始動!!!!

で、アイドリングもド安定。
う~ん、とっても謎が残るがいい結果ではある。

前オーナーさんがどのタイミングで配管を誤った状態にしてしまったのかは不明だが、
誤った配管でもわずかずつではあるがキャブ内にガソリンが供給される
→少しずーつ少しずーつ溜まったガソリンのおかげでごくたまにエンジンが掛かる
→でも、アイドリングが続くだけのガソリンは無いのでエンスト

という感じなのかな。

でも、純正キャブでもビッグキャブでも同じだったと言ってたなぁ。

う~ん謎。

Date: 1月 20th, 2018
Cate: DIARY, BIKE etc

エイプを手に入れました。

今をさかのぼること3週間弱前、2017年最後の映画を観てラーメンを食べ、帰宅し、なんとなくネットの個人売買サイトを見ていたら...。

自分が以前から欲しいなぁ~と漠然と思っていたバイクが、結構安く売りに出てました。

売り出している方といくつかのやり取りの末めでたく譲ってもらうことになり、夜中に軽トラで都内まで引き取りに行きました。

image

image

はい、ホンダのエイプ50です。
エイプは50ccと100ccがあって、それぞれにキャブ仕様とFI仕様がありますがこれは50ccのキャブ仕様になります。

見てわかるように、だいぶイタイ感じにカスタムされてますね。
これを、自分好みに仕上げていこうと思います。

Date: 9月 18th, 2017
Cate: DIARY, BIKE etc

バイクでやりたいことあれこれ

色々ごちゃごちゃしてきたので備忘とメモがわりに。

CBRはあまりいじるとかそういうの向きではないので、もう乗るだけ。ひたすら乗ると決めた!

アドレスV100も、通勤用なので一時的にも不動状態にはしたくない。
ゴリラも、親戚のおじさんの形見なのであまりいじらずに持ち続けたい。

ということで、ターゲットは通勤用から格下げになったリモコンジョグと、何とか動くようにしたマグナ50。

まずはリモコンジョグ。
こいつは、今でこそアドレスV100に通勤一号の座を譲ったものの、まだまだその座を奪い返すスペックは持っている(ハズ)!
実は少し前まで、気分で車両を入れ替えて通勤に使っていたのですが、ちょっと気になるところがあってしばらく冬眠(夏眠?)してもらってます。
気になるところというのが、ある程度の速度になるとそこから全く伸びなくなること。
通勤距離はわずか数キロですが、それでもかったるく感じて乗らなくなってしまいました。
むかーし、船橋で一人暮らししてた頃に買ったもので、駅までの通勤で使っていた頃はそんな感覚は無かったんですが。
アドレスV100になれたからそう感じるようになってしまったのか、はたまたどこかのパーツが消耗したせいなのか。

調べながら、改善していきたいなと思ってます。
あと、ついでにボアアップも。

マグナ50。
こちらは外装を中心に攻めたい。
ネットで見かけた真っ黒に塗装したアメリカンがかなりカッコよかったので、そんな感じにしてみたいというかなり軽いきっかけ。
あと、やっぱりボアアップ。せっかく免許持ってるから原二にしときたい。
ただ、マグナはカブエンジンの中でも特殊なセルスタートのエンジンで、88ccにボアアップすると電力が不足するという情報をネットでゲット。
さらに調べると、ボアアップしたマグナに標準よりも容量の大きいバッテリーを積むことでその不安を解消している方がいることを確認。
なので、それもやってみたいなと思っています。

Date: 8月 16th, 2017
Cate: MUSIC, MONO

SoundPEATS Q9A

ここ数年、イヤホンはSoundPEATSというメーカーの製品を愛用しています。

最初に買ったのはQ10。
イヤホン単体としては初めてのBlueToothイヤホンでしたが、これで無線のお手軽さを知り、有線には戻れなくなりました。
しかし、残念ながら内部の断線によりご臨終...。

AmazonのSoundPEATS(メーカー直営の出品者)は1年保証を謳っているので交換をお願いしたのですが、廃盤のため返金対応となりました。
(ただし、不良品返品をしなくてよいので75%返金)

次に買ったのはQ11。
ボタンの仕様がQ10とはちょっぴり変わっていたものの、出来ることは一緒なのであまり不自由なく使えてました。

Q11が全然問題なく使えていた時に、AmazonのセールでQ9Aがお安くなっていることを知り、Q11が使えなくなったときための予備機として購入。

それから間もなく、Q11もボタンが効かなくなりご臨終...。
Q9Aの出番がやってきました。

相変わらずQ9Aも使いやすい操作感で愛用してましたが、ちゃんと充電していても1時間程度でバッテリー切れでOFFになってしまう現象に遭遇。
念のため何度か検証を繰り返しましたが、改善するどころか悪化してしまい、最後には30分ほどしか持たなくなってしまいました。

そこで、またAmazonのSoundPEATSに問い合わせたところ、またしても(返品しなくていいから)65%の返金対応の申し出。
今回は別に廃盤にもなってないし、とても気に入って使っていたのでどうしてもまたQ9Aを使いたい!と自分の気持ちを正直に窓口にぶつけたところ...

本日到着しました。
image

しばらく、昔使ってた有線のイヤホンで過ごしていましたが、また無線の生活に戻ります♪

Date: 8月 14th, 2017
Cate: DIARY, CBR600RR

CBR600RRのタイヤ交換

CBRを譲ってもらったときから履いているタイヤが製造から10年。
image
image
溝かあるからまだイケるなんて思っていたけれど、よく考えたらすでにゴムが硬化していて溝が減るとかそういうレベルじゃなくなってきている。

というわけで、満を持してタイヤ交換を決行。
ネットでお買い得情報を発見したので、NapsでピレリのエンジェルSTという銘柄をチョイス。
現在セール中な上に、日曜は店内全品10%OFF!!ひゃっほー♪
日曜日(13日)のうちに購入し、お店に取り置きしてもらって本日(14日)にバイクで突撃しました。
image
交換作業をピット脇の休憩スペースから見つめます。
image
image
このタイヤ、名前の通りタイヤに天使がいます。
タイヤが減ってくると、悪魔に変わるらしい。
※悪魔(Diablo)は同メーカーのハイスペックタイヤのシリーズ名。
image
image

Napsからの帰り道、新しいタイヤで走ってみて心なしか路面の凹凸の拾い方がマイルドになったかなと思いました。

Date: 11月 20th, 2016
Cate: CINEMA

「君の名は。」と「この世界の片隅に」

超久々の投稿です(●´ω`●)
今年の夏に、「君の名は。」にどハマりしました。

映画を5回観て、その間に小説とアナザー(Another Side:Earthbound、外伝的小説)、ビジュアルガイド、その他 関連本を買いあさり、サントラを毎日の通勤で聴いてます。

年明けまで劇場公開を続けるそうなので、あと2~3回は観たいなと思ってます。

そんな中、「この世界の片隅に」を観てきました。

 公開して一週間経ったくらいですが、評判がすごく良いようで気になっていたところに、休日都内に出る用事があったのでついでに観てきました。
今年はアニメ映画の当たり年と言われており、僕が気になった作品だとこの二作の他に「聲の形」など、話題性のあるアニメ映画が公開されました。
僕は、「君の名は。」も 「この世界の片隅に」もあらすじを全く確認しないまま観ました。 特に「この世界の片隅に」は戦時中の話ということすら知りませんでした。

やはり内容を全く知らない状態で観る初回の鑑賞というのは、二回目以降の鑑賞にはない価値があると思います。

 ただ、例外的に二回目も楽しめる作品もあります。

僕にとって「君の名は。」がまさにそれで、伏線がここで張られてるんだ、とか、結末を知った上で観る冒頭のシーンとか、初回とは全く違った見方が出来て、それでもなお感動をして涙が流れてしまいました。

「君の名は。」は、とても遠い場所にいる二人の男女のラブストーリーです。

冒頭からコミカルに話が進み、「あ~、これは遠い場所にいる二人が出会って反発しながらもくっつく良くある感じのストーリーなのかな~?」なんて思って観ていたのですが、物語の中盤に大きな話の転換があり、急速にシリアスモードになります。

 

その辺りから、このあとどうなっちゃうんだろう、と観客はストーリー に引き込まれ、 いつしか 主人公の男女が出会えることを祈らずにはいられなくなります。

終盤、大きな肩すかしを食らった後のフィナーレで観客は納得し、感動し、そしてまたその先を想像せずにいられなくなります。

フィナーレをあそこで終わらせ、その後を観客の想像に委ねたこともこの作品の爆発的ヒット の一因 であると思います。

そんな、(おそらく計算し尽くされているであろう) 物語のプロットに魅了され、再び劇場に足を運んでしまうのです。
「この世界の片隅に」は、僕個人の意見を言わせてもらえば反戦映画ではありません。

僕がうっかり聞き漏らしてなければ、反戦映画によくある、戦争はイヤだ、とか、早く終わってほしい、というようなセリフは一切ありません。

戦争で 家族が亡くなる、悲しい、という描写はあっても、それは今が戦中だから仕方がないこと、と 思っているように 感じました。

戦争がない時代に生きる人間には想像しがたいですが、戦争が他人事ではなく今身近に起こっていることだから、それと付き合いながら 生きていかなければならない。それが日常。
 ヒロインのすずは、そんな物資が慢性的に不足している 状況で、また嫁入りして慣れない家で、とても強く生きようとします。

 

この作品、戦時中の広島が舞台で、もちろん核の 描写もありますし内容は重たいのですが、ふわっとした絵のタッチとふわっとしたヒロインすずの人間性もあって、それほど重く感じさせません。

重く感じさせず、上で書いたように反戦映画ではない(※個人の見解です)のですが、それでもやっぱり戦争はやってはいけないと思わされます。
明示的に反戦を叫んでいない、だけれども戦争をやってはいけないものと思える映画であり、こちらもまたヒロインとその夫のラブストーリーです。

ただ、 こちらは出会ってから愛を紡ぎあっていく ラブストーリー。目の前にいる相手と、日々一緒にいることでお互いの大切さを確認しあっていきます。

すごくモヤモヤっとするシーンではありますが、幼なじみが訪ねてくる件を経て、本当の意味で夫婦になれたのかなと。

この夫婦の、過激ではないけれどもお互いを必要としている、相手を愛していることが判る描写が多々あり、そのたびに萌えます。

今、「君の名は。」と「この世界の片隅に」のどちらかを貶めてどちらかを評価する、そんな意見をよく見ますが、僕はどちらも間違いなく良作だと思います。

ただ、「この世界の片隅に」は、どうこう言っても戦争の話ですし、拒絶反応を起こす人はいるかもしれません。

そういう食わず嫌いのない方は是非劇場での鑑賞をオススメします。

最後に、ここに書いた感想はあくまでも個人の見解です。

違う見解の人がいたとしても、それもひとつの正しい考え方と思うので、お互いの考え方を尊重できたらいいですね。

あと、出来るだけ両作品ともネタバレのないように書きましたが、なんか不手際があったらごめんなさい(汗

Date: 10月 22nd, 2015
Cate: BANDIT

お別れ

昨日の話になりますが、ずっと実家ガレージに眠っていたBANDITを手放しました。
地元の同級生でバイク好きな友達に乗ってもらうことになりました。
僕の手元にきて9年4ヶ月。ナンバー切って4年半。
キレイに半分の期間、乗れない状態で放置させていたことになりますね。
本当に申し訳ない。

新しいオーナーは自分で一通りいじれそうだし、ふたたび走れるようにしてもらってかわいがってもらえるといいね!

Date: 9月 23rd, 2015
Cate: BICYCLE

BRIDGESTONE ROADMAN

ロードバイクはフルカーボンのCannondaleを選びましたが、そのロードで走り回っている間にビンテージバイクにも興味が出てきました。

ただ、ビンテージと言ってもプレミアムな価格で手の届かなくなってしまったようなものではなく、時代的には古めかしいけれども大衆車・普及モデルのものです。
具体的に言うと、BRIDGESTONEのROADMAN。
1970年代から90年代にかけて生産・販売されたモデルです。

当時の中高生に絶大な人気があったようで、この自転車そのものが社会現象になったとか。
僕が中学・高校の頃は、BRIDGESTONEではあったがごく普通のトンボハンドルの自転車に乗ってました。

余談はほどほどにして、そんなROADMANに遅まきながら興味が湧いてしまい、先日某ネットオークションで落札しました。

image

サビッサビのジャンク品。
事前に色々と情報収集してパッと見での年式の見分け方とかはわかってました。
コイツは厳密に言うと自分が欲しいモデルではないのですが、自転車をレストアするための練習台として活躍してもらおうと思ってます。

現在は、ステムとシートポストが固着していてフレームに残った状態。
あとホイールがまだ分解前の状態です。

現時点で購入必須なものは、
チェーン
バーテープ
ブレーキシュー
インナー&アウターケーブル一式
くらいですかね。

前後ディレイラーはそのまま使えると思いたい…。

Date: 3月 18th, 2015
Cate: DIARY

はや一年

前回の投稿からあっと言う間に一年が経とうとしてます。

実は、下書きの状態にしたままの記事が10個くらいあるのですが、もはや…なのでそのままお蔵入りにします。
この一年で色々ありました。
家族が増えたりね。

これからは自宅PCからではなくスマフォからの更新をメインにして、気軽に書いていこうかなぁ。

Date: 3月 23rd, 2014
Cate: FOOD

14杯目 二代目濃厚ラーメン@二代目狼煙 ~心~

狼煙に二度目の来訪。

狼煙と言えばつけ麺!なのですが、前回がつけ麺だったので今回はラーメンをチョイス。

image

これがとんでもなく濃厚!笑っちゃうくらい濃厚!
濃厚こってり好きな僕でも、これはやりすぎと思ってしまう程度に濃厚!
麺と具を食べ終わってから、スープを飲む気になれずすぐに箸を置いてしまいました。

さすがにここまで濃いとちょっと辛いか?そう感じるのは自分が歳とったからか?

Date: 3月 22nd, 2014
Cate: ROADSTER

ひっさびさの車いじり

久々にロードスターをいじりました。
いじったと言っても特にすごいことをしたわけではなくマフラー交換とオバフェン取り付けただけです。

image

image

左出しだったマフラーが右出し(純正位置)に戻りました。
しばらくこのままでいいかなぁ。

オバフェンは、大人しめなK.G.WORKのをやっと装着。画像はありません...。

Date: 3月 16th, 2014
Cate: FOOD

13杯目 味噌ラーメン@角ふじ新松戸店

image

角ふじ系のお店では、ついつい麺硬め味濃いめをオーダーしてしまいます。
角ふじ系は、味の濃さをふつうから濃いめにした時の差がかなりあります。それはもうドロッドロのスープになります。しかしこれが良い。

二郎系のラーメンを食べる時は食べ終わるまで水飲むのを我慢できますが、角ふじ系ではそれすらも出来ません。喉が渇くスープ...。

Date: 2月 23rd, 2014
Cate: FOOD

12杯目 味噌ラーメン@貴生松戸本店

僕をラーメン好きの道に進ませた一杯。
それがこの貴生の味噌ラーメンです。

image

当時(大学生の頃)は草加や三郷にも支店がありましたが、今はどちらもなくなってしまい、うちから一番近いのはこの松戸本店になってしまいました。
松戸本店がある道をもう少し進むと松戸稔台店という支店があり、そこは船橋に住んでいた頃によく通ってました。

ここのラーメンは、他のどのお店とも似ていないミルキーなスープが最大の特徴です。

当時、味噌チャーシューで替え玉してスープを飲み干していましたが、今考えるととても恐ろしいことをしていたなぁと思います。

Date: 2月 21st, 2014
Cate: CINEMA

劇場鑑賞2回目 ラッシュ プライドと友情

image

ニキ・ラウダとジェームス・ハントという二人のF1ドライバーが絡む実話をもとにした映画。
観てきました。
事故が起こってしまうドイツGPの時には、判っていても手に汗を握ってしまいました。

ストーリーに直接関わりは無いのですが、僕が好きなJPSカラー(黒に金のピンストライプ)のロータス・77や、タイレルの6輪フォーミュラカーが走っているところを見られたのが嬉しいですね♪

更に余談ですが、キャストと実在の人物の比較画像です。
http://www.historyvshollywood.com/reelfaces/rush.php

Date: 2月 21st, 2014
Cate: FOOD

11杯目 つけ麺あつもり@二代目狼煙 ~心~

あの狼煙の暖簾分けのお店がまさかの越谷に!

と言うことで、仕事帰りに行ってきました。
地元駅の反対側出口から歩いて5分ちょいかな?

事前に場所を確認したら、昔何度か買い物したスポーツ用品店と同じビルだったので場所はすぐ判りました。

狼煙の系列店と言うことで、並んでるんたろうなぁと思いきやまさかの待ちゼロ。
入って食券を購入し、すぐに座れました。

頼んだのは、つけ麺のあつもり。
オプションで味玉。
image

このつけ麺、とっても美味しかったです!
半端ない濃厚さ!でも味が濃すぎる訳ではない。
今までめいげんそが一位だった僕的つけ麺ランキングが、トップ交代するかもしれません。

1 / 5612345...102030...最後 »