蒙古タンメン中本

今のPJTの都合で有楽町と大崎をちょこちょこ行き来する事があり、
先日自分よりも上流のプロパー社員さんと一緒に大崎に向かう途中、目黒の蒙古タンメン中本に行くことになった。

有楽町から山手線で大崎に向かおうとすると、目黒は大崎よりも先にあるので全然寄り道でもなんでもないのだが、
そこは社員さんと一緒ということで僕になんの罪も無いことだけは言っておく。

で、僕が頼んだのは蒙古タンメン!ではなく、味噌タンメン。

はい、逃げました。

言い訳を先にすると、昼飯を中本で食べてその後大崎で仕事だったので、あまり辛いものを食べると午後の仕事中に汗が止まらなくなりそうだという不安があり、断腸の思いで蒙古タンメンを諦めてみた。

言い訳終わり。

で、出てきた味噌タンメン。

こっちも十分辛いんですけど。
でも、野菜が甘めでバランスが上手く取れている気がした。

後引く辛さで、スープを飲み干してしまった。ここまでやってしまうと、発汗量だけで考えると蒙古タンメン頼んでスープを適度に飲んだ場合とさほど変わらなかったのでは?と思ってしまう。

味噌タンメンも美味しかったが、やはりその店の看板メニューを食べておくべきだったなと後から軽く後悔した。次の機会があるか分からないが、あったとしたら蒙古タンメン食べる!宣言!

ちなみに一緒に行った社員さんの頼んだ五目蒙古タンメン。赤い!