Date: 1月 25th, 2012
Cate: PC
Tags:

キーボードを考える

最近、自室のPC周りの再構築をしている。
近頃は全ての事をノートPCでやっていたが、自室の居心地が良くなってきたので
ノートPCから映像を液晶モニターに渡して似非デスクトップにすることにした。
同じ映像を2つの画面で見るわけじゃなく、片方は作業、片方で映画観るとかなかなか使い勝手が良い。

で、そんな事してたらキーボードが欲しくなってきた。
元々キーボードは色々こだわりを持っていたのだが、久しぶりに再燃してきちゃった。

■求めるキーボード
・テンキーレス
→キーボードの右側にマウスを置くので。
ノートPCにはトラックポイント付いてるのでマウスいらずだし、SpaceSaverIIにすればこれまたマウス不要なんだけれど、
改めて触ってみたらタッチ感が最悪だった。

・通常のキーレイアウト
→FKB8579やHHKBなど、変態的なキー配列のキーボードを好んで使っていたが、
ここに来てごくごく一般的なのが欲しくなってきた。
FnキーもHome、Endキーも独立となるとかなり限られてくる...。

・出来れば黒
→これは完全に好み。横に置いてるThinkPadも後ろの液晶モニターも黒なので。
将来的にデスクトップに完全移行するとしたら、勿論ケースは黒!
ゴテゴテした装飾のないツルッとしたピアノブラックの筐体がいいなぁ。

■既に持っているキーボード
・ぷらっとホーム FKB8579
コンビネーションが辛い。
キータッチは悪くない。

・IBM SpaceSaver II Keyboard
改めて触ってみるとキータッチの感覚がひどい。
トラックポイントがあるのはいいのだが、トラックポイントってやっぱ
パンタグラフ式の背の低いキーの中にあってこそ本領を発揮するものと思った。

・PFU Happy Hacking Keyboard PRO
流石に今のインターネットメイン+多少の作業って使い方で
カーソルキーがコンビネーションなのはちょっと...。
キータッチは最高だった記憶がある。
現在実家...。

・PFU Happy Hacking Keyboard Lite
キー配列はFKB8579とほぼ同じで、キータッチの感覚が劣る。
こちらも現在実家。

■気になるもの

・Microsoft arc keyboard
F7~F12がコンビネーションキー。これを知った時卒倒しそうになった。ありえない。
よりによって変換時によく使うキーをどうして...。

・ダイヤテック Majestouch
全般的に高い。
軸の種類が色々あって、目移りしてしまう。
自分に合うのは恐らく黒軸か赤軸かなぁって思うけれど、もし買うならお店で試打しないと。

・ARCHISS(アーキサイト) I-T Touch
品質の問題?キー配列がすごく近いこともありMajestouchの廉価版みたいな
扱いをされているが、品質は劣化版のよう。地雷臭ぷんぷん。

・東プレ Realforce
高い。ただただ高い。昔はキーボードに2万とかいけたけれど今は流石にちょっと無理。
価格に目をつぶれば一番理想に近いものだと思う。
僕がキーボード地獄の一番底にいた頃(20代前半)からずっと高嶺の花だった。
思えば、あの当時に黒のテンキーレスを買っておけば家宝になったんじゃないかと悔やんでいる。

この文章をノートPCではなくFKB8579で作っていて、当時の感覚が蘇ってきた。
ここ最近職場でも家でもノートPCのパンタグラフ式のキーボードしか触ってなかったので、
しっかりと凹凸のあるキーボードが新鮮(笑)

現状はこんな感じ。

文章の締めとして「なんだそれ?」って思われるかもしれないが、このFKB8579悪くないね(笑)
このままコレで行こうか(オイ

Leave a Reply

 Name

 Mail

 Home

[Name and Mail is required. Mail won't be published.]