Date: 1月 6th, 2013
Cate: DIARY, CINEMA
Tags:

自宅映画#2「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」

世間は正月休みが一旦終わって、日常の週末を過ごしているかと思いますが、僕は金曜日も休みだった為まだ正月気分です。
と言うわけで、勢いで今夜も映画を一本観てしまいました。

超大作、インディ・ジョーンズです。

僕と付き合いの長い方ならご存知かと思いますが、超大作ってあまり観ないんです。
大学時代にレンタルビデオ屋でバイトしてた時、超大作となると字幕版と吹替版で50本ずつとか大量に入荷してて、レジ打つにも返却されたビデオを売り場に戻すにもうんざりして、タイトルすら見たくないって気持ちになったのがきっかけだと思っています。
特にタイタニックはビデオ二本組だった事もあり、今でもパッケージすら見たくないですね。

と、そんなアマノジャクな人間ですが、最近は少しずつ超大作にも目を向けてみようと言う気持ちになってきました。
勿論、何でもかんでもと言うわけではなくて、自分と感性の合う友人がお勧めしてくれるもので観ても良いかなぁという気になったものから。

で、インディ・ジョーンズがそれでした。

恐らく、小さい頃に実家で父親が観てるのを横で一緒に観てたりはすると思うのですが、さすがに内容までは覚えていません。
(実際、つい先ほど観終わりましたがかなり新鮮な気持ちで観る事が出来ました。)

今更かよ!というツッコミは甘んじて受けますが、狭い洞窟(あれが魔宮?)の中を小さなトロッコで所狭しと走り回るシーンは手に汗握りますね。
あと吊り橋のシーン。あれも、恐らく名シーンなのでしょう。その直前までずっと狭い洞窟の中のシーンが続いたので、あの広大なカットは「おぉ~~。」ってなりました。
最後の、誘拐されて洞窟で働かされていた子供達が村に戻るシーンも、感動ですよね。

勢いで続編も観ちゃいたいところですが、今日はもう遅い(夜が明ける?)ので、いつになるか分かりませんが次回にオアズケです。

Leave a Reply

 Name

 Mail

 Home

[Name and Mail is required. Mail won't be published.]