ロードスター、やっと復活しました。

今日、早速駐車場でウェストゲートを取り付けました。
外す時は、エキマニが車についたまま何とか下側から取り外しましたが組み付けるのは不可能。そう悟り、早々にエキマニを外しウェストゲートを取り付け、エキマニをエンジンに固定。
エキマニ外す作業が増えたけど、ウェストゲート外す時よりも時間掛からなかったかも。手順がわかってたってのもあるけど、エキマニ⇔タービン間の13ミリのボルト外し対策に購入したギアレンチが活躍してくれました。
今まではボルトを回すたびに頭から外して~ってやってたけど、あの狭いスペースではかなり面倒で、ここの作業の簡略化のためだけに買いました。でも、ホームセンターで安物を買ってしまったので変にグニャグニャするしちょっとだけ戻そうとするとボルトも回っちゃう。
今回は安物を買っちゃったけど、そのうちこれ欲しい。僕が好きなメーカー、SIGNET!そしてギアレンチと言えばSIGNET!ホームセンターにあればこれ買ってたのになぁ~。

僕が買ったの安物と全く同じ仕様(スイベル・72ギア・片口スパナ)で値段が余り変わらない(楽天価格比)!かなりショック...。
で、取り付けが終わって知人の車を救援車にしてエンジン始動。充電のために近所をグルグルと走りましたが、改めて感じる運転の楽しさ!
エンストしたら始動出来なくなるかもしれない不安もありましたが、それに勝る楽しさ。やっぱり愛車を運転する喜びは他の何よりも勝りますね。
雨降ってたのでウェストゲート作動のチェックはお預けでしたが、ブースとが掛かるかのチェックだけしてみました。見通しの良い直線でアクセル開けると...、もうね、速過ぎて怖い。知人の車の方が速いんだけどあっちはあまり踏まないんで、この速さ(この場合加速感かな)は怖すぎ。
で、何回か断続的にブースト掛けてたら、「ボン!」とまた破裂音...orz。
家の近くだったのでとろとろ走りながら駐車場に到着、すぐにボンネットを開けて状況をチェック。
今度はタービンのIN側のパイピングが抜けてました。ってそりゃ抜けますわ。エキマニ脱着作業の時にパイピング外して、付けるときにホースバンド締めるの忘れてるんですもん。
致命的なミスにならなくて良かった。
とりあえず不動車から復活を遂げた報告でした。

コメント