鹿退治

行って来ました埼玉スタジアム。
相手が宿敵の鹿島ということで、スタジアムは大入り満員です。
応援が一番熱い北ゴール裏と呼ばれるエリアはこんな感じになっております。

北ゴール裏は、イスはありますが試合中誰も座りません。
ハーフタイムさえもみんな立っていて、コール(応援)の合図が聞こえればすぐにそれに応えます。
昔から、(サッカーの)サポーターは12番目の選手だとか、野球の応援団は10番目の選手だとかよく言いますが、レッズの北ゴール裏に居るときはホントそれを実感します。
本当に熱いサポーターばかりです。
本当に熱いサポーターの中には、こんな(注:吊られているのは鹿島のマスコットキャラ)人も。

この人、今季開幕戦の日産スタジアムでも見ました。その時はFマリノスのマスコットを吊ってたw
試合はは、2-0の完封勝ちでした!めでたい!
フォワード永井が後半から投入され、すぐに1点ゲット!
1-0の最小得点差のまま、鹿島の猛攻にヒヤヒヤしながら時間は進む。
最後の最後、45分が過ぎようと言う頃に、再び永井のゴール!
いや~、気持ち良い!
永井の素晴らしい2ゴールももちろん良いけれど、鹿島の猛攻をことごとく防いだゴールキーパーの都築がすごかった。神掛かってました。
自分は、サポーターの中ではかなり少数派のキーパーユニでの参戦ですが、自分の着ているユニフォームがとても誇らしく思えました。
最後は、大事な試合にやる「ビジュアル」というもの。
サポーターが色のついたシートを掲げて、文字や絵を作るというものです。
こちらがわが浦和レッズサポのビジュアル。

僕は、URAWAの5文字目のAのちょうど真ん中やや右辺りで白いシートを掲げてました。
で、相手もビジュアルをしてたのですが...

FU○K
Y
REOU
D
S
恐らく、「FU○K YOU REDS」ってやりたかったんだと思うんです。
これを出したまま、それっぽいコールもしてたし。
でも、ビジュアルがお粗末過ぎて、浦和の応援席からは失笑と(もっと頑張れの)拍手が送られました。
鹿のビジュアル、鹿の一部のサポーターズクラブが勝手にやったイベントらしいんですよね。
家に帰ってきて、鹿の掲示板を見たら、そのクラブを責めるコメントが沢山ありました。
そりゃ、観衆6万人の前でFU○Kなんて言葉を表現する事自体ありえないし、ビジュアルぐだぐだだし、それに加担していると思われた一般のサポーターはホント迷惑でしょうね。
今日も、試合終了後に「We are Diamonds」を歌う事が出来ました。
来週も埼スタで試合があり、もちろん参戦します!
来週も応援し、歌うぞ!

コメント