タイトルだけではわからないかもしれません。
僕が中学生の頃、すごくハマってコミックを集めていた野球マンガのタイトルです。


既にご存知の方にはこんな説明は不要ですが、「プレイボール」はちばあきおさんの作品で、「キャプテン」というマンガの続編です。
(※厳密に言うと、作品が書かれていた時期も作品中の時間軸も「キャプテン」とリンクしてます。)
「キャプテン」は、墨谷二中の野球部の歴代キャプテンそれぞれにスポットを当てた作品です。
墨谷二中に転校してきた谷口タカオは、転校元である青葉学院の野球部に所属はしていたけれども、レギュラーではなく補欠のさえない選手でした。しかし、墨谷二中で名門青葉の野球部員だった事のみが広がり、とても補欠だったなんて言えない状況になってしまいました。
谷口はこの時どうしたのか?
彼は、青葉のレギュラーメンバーとたとえ嘘をついたとしても(嘘は言いませんでしたが)ばれない位にうまくなろうとしました。
実家の裏に専用のトレーニングマシーンを大工の父に作ってもらい、必死に練習をして上手くなっていくのです。
「キャプテン」にも「プレイボール」にも通じるところですが、谷口の頑張りに部員が引っ張られ、野球部がどんどん強くなっていくというのが作品の主題になっています。
「キャプテン」は、谷口の前にキャプテンがいました(この人は中学生のクセに人を見る目があったようです。)がこの人は頭数に数えず、初代キャプテンが谷口、二代目が丸井、三代目がイガラシ、四代目が近藤です。
それぞれがキャプテンゆえの悩みを乗り越え、部員と共に野球部を成長させていくところにこの作品の見ごたえがあります。
「プレイボール」は、墨谷二中を卒業して墨谷高校に入学した谷口タカオが主人公となる物語です。
中学時代の最後の試合に怪我をしてしまい、もう野球が出来ないと思っていた谷口は墨谷高校でサッカー部に入部します。しかし、サッカーをしていても心は野球部のまま。結局野球部に転部し、中学校同様に谷口自身の努力で「勝ち負けより野球が出来ればいい」という考えだった墨高野球部を引っ張っていく事になります。
墨谷高校には、二年下の後輩・イガラシが入学してきたり、他校へ入学したものの谷口を慕って丸井が墨高に転入してくるなど、懐かしいメンバーが顔を揃え再びチームメイトとなります。
もう面白さ満載です。魔球や秘打の類は一切出てきませんし、言葉遣いなんかもちゃきちゃきの江戸っ子言葉です。(文庫版やアニメ版では多少修正されているかもしれませんが)他の野球を題材にした作品と比べると目立たず、地味に見えるかもしれませんがその中にドラマがあるように僕は思います。
中学生時代に必死に集めたコミックは手放せずに実家に置いてあります。
なぜ今になって「キャプテン」や「プレイボール」の話をするかというと、なんと、「プレイボール」のDVDが発売されるようです。
なにやらアニメの公式サイトも出来ていました。
「プレイボール」のDVDは2005/09/28発売のようです。
検索をしていたら、過去に限定数で発売され、すぐに売切れてしまった「キャプテン」のDVDボックスが再販されるようです。
【キャプテンDVD complete BOX(初回限定生産)※アンコールプレス】キャプテンDVD complete BOX(初回限定生産)※アンコールプレス
こちらは2005/08/04発売予定で、現在既に予約を受け付けているようです。
ああ、お金ないのに買ってしまうかも...。