へーちゃんラーメン@南越谷

昨日の夜、近所に「二郎をインスパイア!」と謳ったラーメン屋が最近出来たので行ってみた。
店内は、バーだかパブwだかをそのまま居抜きで使いまわしたような感じ。
イスだけでも変えたほうが...。
店内が蒸し暑いらしい、と一緒に行った友人の情報があったので店の出入り口付近の席に座る。
目の前の壁に貼られたチラシを激写。

普通のラーメンが600円。+100円で大盛りに出来、大盛りは何玉でも可能。
700円でとんでもないモンスターと対決する事も出来ると...。
更に他の二郎系で見たことが無かったのがこれ。

「食べはじめてからでもいつでもトッピング追加OK!」
全て食べ終わって、まだ物足りないなぁって思ったら
「野菜マシ!」って言ったら入れてくれるってこと?なんかすごいなぁ。
こちらがメニュー。

僕が頼んだのは普通のラーメンにトッピングが味タマゴ。
無料トッピングがアブラ(背脂追加)・カラメ(味濃い目)。
で、来たのがこれ。

来てすぐ思ったのが
味玉が真っ白だけど味付いてるの?
脂って、ツブツブしたのじゃなくて原型残ったまま!?
肝心の味ですが
今まで、二郎系といえば西新井のフジマルに行く事が多く、直系でななく「二郎をインスパイア」とはいえ二郎系と言われたらどうしても西新井フジマルと比べてしまいます。
西新井フジマルが優秀すぎるのか、ちょっと物足りなく感じる。
麺・スープ・ブタそれぞれ単品で見ると本家二郎と遜色ないのかも知れないけれど、それが混ざって一つのラーメンになった時になんかバランスが悪くなると言うかなんと言うか。
少し前に同じく二郎系の柏ラーメン大に連れて行ってもらったけれど、あそこのラーメンは素直に美味しいと感じた。フジマルには無い野菜の甘みが気に入った。でもこのお店にはそういう押しが無いんです。
いつも、ラーメンに入っているタマゴは最後に食べることにしている。
今回も最後に、「白い味玉」を食べたが、確かに味は付いていた。
メチャクチャしょっぱい。
バカ舌の僕でも「いくらなんでも...」と思ってしまうくらいしょっぱい。
一緒に行った友人も言っていたが、1年後位にもう一度行ってみたい気がする。
その頃なら、バランスが悪いと思えたラーメンも熟成されているかな。
あ、最後に、僕らが食ってる時に猛者が現れました。
大盛り4玉をコールした彼の前には、すり鉢が置かれました。

コメント