本日は、生まれて初めてサーキット(っぽいこと)を体験してきました。
(っぽいこと)というのが少々意味不明な感じがしますが、説明しますと千葉某所にあるミニサーキットで、一般的な混走のサーキットとは違い、一台一台スタートします。パイロンを立てて、定常円とかドリフトとかやるのをパイロンジムカーナと言うように、私が参加した走行会はコースジムカーナと呼ばれているようです。
そこでは、一台一台走るので、自分が走っている時には他の人はみんな走ってません、当たり前ですが...。と言うことは、自分の走りを他のみんなが見ているのです!恥ずかしいですよ!緊張しましたよ!ええ。
ただでさえ車のチューニングが先行してしまって乗り手のスキルアップが全然なのに、みんなに見られて走るなんて恥ずかしすぎ!なんか変な事言われてるんじゃないかとかすごい被害妄想ぶりを発揮しつつその某所に向かいましたが、やってみるととても楽しく、早くまた走りたいなぁと思っちゃいました。
(この日一緒に走られた方々はとても良い人たちばかりでした。同乗走行なんかもさせていただきました)
今日の唯一の反省点、それは・・・
調子に乗ってブレーキングを遅くしていってたら、直角コーナーにオーバースピードで突っ込んでしまい曲がりきれずコースアウト、フロントのエアロの下部に亀裂を作ってしまいました...。悲しいです。
でもその後もめげずに走り続けていたら、なぜか3回位自己ベストを更新していました。
コーナーの突っ込みが怖くてかなり手前でブレーキ踏んでたのにどうしてだろう?
大事なのはコーナー出口からの加速なのかなぁ~?
混走はまだ怖いのでしません。
当分はこのサーキットで車を操るスキルを上げようと思っています。