ニューX4!

昔(と言うほど古く無いですが、)ダイハツからストーリアと言う車が出ていました。
これは、トヨタのデュエットと言う車と姉妹車(正確にはダイハツからトヨタへOEM供給している)なんですが、ダイハツストーリアのみ面白いグレードがあったんです。
それがX4(クロスフォー)です。
X4の詳しい説明は、「ストーリア X4」で検索していただくとわかると思います。
(手抜きではなく、検索で一件目にヒットする個人サイトの説明がとってもわかりやすいので)
ストーリアはもう生産を完了してしまったので、X4ももちろん新車で手に入れることはもう出来ないんですが、ニューX4がつい最近発売されました。
デュエット・ストーリアと同じように、今トヨタとダイハツではパッソ・ブーンという車を出してますが、ダイハツ・ブーンにX4がついに出来ました!
20060321_01.jpg
早速カタログを取り寄せてみたわけですが(笑)
(全てストーリアX4と比較した値です。)
車両重量が980kgで140kg増、ボディサイズはそこまで変わって無いんですけどね。ロードスターも重くなってるし時代の流れでしょうがないんでしょうか。
最大出力が13ps上がっているにも関わらず、パワーウェイトレシオが同じ。しょうがないんだろうけれど...。
最大トルクが、ストーリアが4800rpm時に発生するのに対し、ブーンは3600rpmとの事。より運転しやすいって事でしょうか?
ここ最近のタイヤ大径化の波に乗らず、ストーリアと同じく14インチのままと言うのは素晴らしいと思います。
ブーンのX4には、標準グレードとハイグレードパックというエアコンなどの快適装備が着いたグレードがあるんですが、標準の方でも180万を超えています...。(ストーリアはX4はワングレードで139万)
スイフトはスポーツのMTが156万。
方向性は違うのかもしれないけれど、小型車のホットモデルと言う点ではライバルになり得ると思ってるんですが、この価格差はどれほどの影響をもたらすんでしょうか?
まぁ、なんだかんだ書き連ねておいて結局ロードスターを乗り続けるんですけどねっ♪
(夢オチよりタチが悪い終わり方かも)

コメント