ナリタ走行会

え~と、このクソ暑い中走行会に行ってきました。
とてもタイムアップなんて望めないから、楽しく走れればイイや位の気持ちで臨みました。
本日の走行会には、僕の走りの師匠よりもナリタを速く走る人が久々に参加される、と言うことでコレは乗ってもらわない手はありません。ドラミが終わってすぐに乗っていただくお願いをしました。
僕としても久々のナリタ。8ヶ月振り位ですかね。出走準備を終わらせるとあっと言う間に走る番が回ってきたのでとりあえず何も考えずに出走。
まだタイヤも冷えてるし無茶も出来ないから大人しめに...
う~ん楽しい♪自分的には、バックストレートの入り口手前からグリップ感が無くなり、滑っているかのように走ってる区間が大好きです。でも、その区間の終わりは以前に落ちたことのある直角コーナーなんですが(汗
気は抜けない...。
一本目・二本目と今までと変わらない感じで走った後、三本目の前に大師匠に運転してもらう事に。
とりあえず、タイムは抜かされました。なんで初めて運転した車でタイムが出せるんだろう?すげぇの一言。
腕のある人は、車を選ばないんでしょうね。
そうそう、今日は大師匠に自分の車を二回運転してもらいました。
その他に、師匠の車と主催者の方の車に同乗させていただきました。
僕が横で見て盗もうと思ったのは、走行ライン、あとはハンドルさばきとペダルワークです。
まずは、大師匠のハンドルさばき。
これは二本目に乗ってもらった時にじっくり観察できたのですが、とにかく無駄にハンドルを切らない!切り増したりソーイングしたりって事が全く無かったです。
今回は自分の運転を動画に収める事に成功したのですが、コレと比べるとまさに雲泥の差です。大師匠運転の動画も撮っておけば良かった...。あの的確なハンドルさばきは絶対自分のモノにしたい!
次に、師匠の走行ライン。
師匠の同乗走行で学ぶ物は多いのですが、今回は走行ラインに注目しました。
ナリタは、狭いので複合コーナーの連続。すなわち、どこかのコーナーでミスると後々までそのミスが響いてしまいます。
長年ナリタを走られている師匠はもちろんそれを知り尽くしています。横に乗せてもらうと、「ここはこう走ればいい」とかアドバイスしてくれるんですよね。自分にはまだ無理な芸当です。人にアドバイスできるほどの腕を持ちあわせていないのはもちろんの事、自分は運転に集中してしまって他の事出来ないかと(汗
最後に、主催者様のペダルワーク。
今回の主催者様、今まで何度かご一緒させていただいた事がありますが、車はぱっと見ノーマルorライトチューン。師匠いわく「とても乗りやすく仕上げた車」。
見てるとそれほど速いタイム刻んでるようには見えないんですが、コレが速いんです!その理由を見つけるために、同乗させてもらう事が出来ました。
乗ってみて思ったこと。
コーナー入り口では、アンダー気味に進入しているように思えます。しかし、コーナー出口(もしくはその手前)ではぴったりとクリップにつけているんですよね。あれは純粋にすごいと思いました。僕だと、アンダー⇒アンダー⇒アンダーであの狭いコース上でどこ走ってるんだかわからなくなっちゃいます(汗
で、おそらくなんですが、この要因はペダルワークではないかと予想してみたんです。上の二つ(ハンドル・ライン)も関わってきてると思うのですが、でもペダル。
コーナーで制動のG(勝手に名前付けちゃってますが、ブレーキを踏んだ時に前のめりになる方向のG)を自分のときよりも長く感じました。
全て自分の推測ですが、この方はペダルを踏んでいない時間が僕よりも少ないのではないかと。制動時はブレーキしっかり踏んで速度を落とす。加速時はもちろんアクセル踏む。で、大事なのがどちらのペダルも踏んでいない時間を作らない。僕は「コーナーも速く抜けた方がもちろん速いはず!」と思いながら走ってたので出来るだけ速度は乗せて突っ込んでたんですが、皆さんの横に乗せてもらった後の一発目は意図的にブレーキ長めで速度を落とし、自分の思い描いたラインに乗せながら走ってみました。
すると...
なんかタイム更新したんですが...(滝汗
なぜか2周のうちの1周目。
しかも1秒以上縮めたらしいです。今までのベストが47’11で、今回46秒台を飛び越えていきなり45秒台に乗ってしまいました。
(ちょっとタイムを忘れてしまったので正式タイムは後で報告します。)
ベストタイム、45’95でした!
それにしても、ブレーキを踏むようにしたら良いタイムが出るなんて。
スポーツ走行は奥が深い。
最後になりましたが、今回動画を撮る事が出来ました。
残念ながらベストラップの周回ではないのですが、コレはベストを出した後の映像なので、それまでとは走りが違うのが(本人には)わかります。
ベスト出す前の動画は、コレよりさらに腕が未熟なのとちょっと撮影に失敗してるトコがあるのでお蔵入りって事で。

上手い方、この動画見ても鼻で笑ったりせずあたたかく見守ってくださいね。
自分で動画を見返したら、ステアリングの回し方が直近の課題だなって思いました。
※2006/08/07 タイムが分かったので加筆・修正済みです。

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 Comments

  1. 車載映像見ていると、やっぱり羨ましい・・・。

  2. >fedさん
    どもです!
    僕も、色々なしがらみがありサーキット走行は2ヶ月に一度きりと言う制限が付いてしまいました。
    その分、走れる時に楽しんで走ってこようと思っています!
    fedさんも、乗れる時になったらぜひ「NA」ロードスターで復活してくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。