ほんの少し前だが、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」を一気に読んだ。

アドルフというのがヒトラーだという事だけは知っていて、ドイツのナチス関連の話がただ淡々と進んでいくんだろうという先入観があり今まで読む気にならなかった。

でも、読んでみるともちろんナチスの話中心ではあるけれど全く飽きさせないストーリー展開であっという間に最後まで読んでしまった。

さすがは手塚と言うべきか。

これを機に遅ればせながら手塚作品や名作と言われている漫画を読みあさってみようと思う。