来年の話。
今の仕事は、とある企業のシステムのバージョンアップのプロジェクト。
このバージョンアップ関連の本作業が、来年のGWに予定されている。
GW...。
日々お客さんが使うシステムなので、バージョンアップ等のメンテナンス作業は休日にやるのが慣例となっている。
まして、バージョンアップという作業は失敗した場合に備えてのバックアップだとか、作業自体にも時間が掛かるため連休に合わせて実施されることが少なくない。
で、GW。
試合があるよなぁ....絶対被るよなぁ...。
下手したら2試合...。
と、半ば諦めの気持ちでいたのだが、最近になって状況が変わってきた。
お客さんが、もっと早く出来ないかと言い出したらしく実施予定日が3月の3連休に前倒しになりそうなのだ。
普通ならば、予定日が早まる=予定している作業をする時間が減る=やってらんねぇ!
となるわけだが、そこは他所とちょっと違う。
僕自身、試合に行ければそのために残業を強いられるのは構わない。
と思っているのだが、それよりも今の現場の作業見積もりが甘い...いや、とてもメンバーのためを思って作られているスケジュールの為、かなり余裕がある。
さらにその上、PL(プロジェクトリーダー)的な人が結構強気な人で、
「本番作業を前倒しにするのなら、予定している作業を簡素化して負担が増えないようにさせてもらう。」
と言ったらしい。
作業を減らす=バージョンアップして不具合が無いか確認する作業の項目を減らす
となるので、今後のことを考えると若干不安になるし、やらなくてもいいと言われていても確認位はすべきと思っているが、前倒しをしつつ作業量も据え置きというのはなんかいい感じである。
このまま、さらに前倒しして2月中に作業やっちゃえばいいんじゃね?
(※Jリーグ開幕は3月から)