ゆずが好きです。
果物ではなく歌を歌う方のゆずです。


ゆずを知ったのは、確かデビュー曲の「夏色」で、素直な歌声となんとなく身近な感じの歌詞が気に入り、それ以来ずっとファンでいます。
カラオケにいくとゆずを必ず歌います。
一緒に行くメンバーはもう聞き飽きているんだろうなぁと思いつつ、毎回歌ってしまうのが「いつか」。これはホント名曲です。冬の歌なのですが、季節はもう全く関係なく年中歌っています。「サヨナラバス」と「センチメンタル」も良く歌います。あとは、「夏色」、「嗚呼、青春の日々」、「恋の歌謡日」あたりをローテーションで。
こんな感じでゆずの曲を聴くのも歌うのも好きな私ですが、ひとつゆずに関する大きな悩みがあります。
実は「いつか」よりも好きな曲があって、それが「飛べない鳥」という曲なんですが、これがやけにキーが高くて、サビの盛り上がっていくところで声が出なくなっちゃうんです...。
「飛べない鳥」は、聴いているととても雄大な大地が想像でき、自分が抱えてるちっぽけな悩みなんかどうでもいい事なんだと思ってしまいます。みんなにも知って欲しくて歌いたいのですが、サビで自滅するのが分かりきっているので歌えません。
ちょうど今日、ゆずのベストアルバムが2枚リリースされました。というか今日発売と言うニュースを聞いたのでこのブログを書いているわけですが。
好きなアーティストがベストアルバムとかシングルコレクションを出す時って、まあ熱狂的なファンは買うでしょう。でも、妄信的ではないけれど曲は好きだし、CDで持っていたいって人は買うかどうか難しいところですよね。もう既にシングルは持ってるわけですし。僕の場合はシングルはレンタルで済ませ、アルバムのみ買ってます。今回はどうしよう...ってまあ買うでしょうね。